韓国の丁世均・国会議長=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)国会議長が7日から3日間の日程で、大島理森衆院議長の招きで日本を訪問する。韓日の慰安婦合意を巡って冷え込んだ両国関係の改善を図るとみられる。

 8日には安倍晋三首相と会談し、韓日両国が東アジアの平和と発展に向け、協力すべきパートナーであることを強調し、文在寅(ムン・ジェイン)政権の対日外交基調に対する支持を呼び掛ける。また、大島議長や伊達忠一参院議長らと会談し、北朝鮮の核問題解決に向けた外交方策を議論する。
 9日には超党派の日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相と両国国会間の交流拡大などについて話し合う。産業現場も訪れ、両国間の共同研究や人的交流の拡大に向けた協力を強調する計画だ。
 訪日初日には東京の在日韓国人向け社会福祉施設を訪問するほか、都内のホテルで在日韓国人と懇談会を行う。
csi@yna.co.kr