大迫、「縦に勢いがある」久保らとの連係に自信 ケルンで充実の日々を経て「ゴール」にこだわり

写真拡大

今季ケルンで7得点、「個人的には点を取ること」と代表戦に意気込む

 ケルンでの充実したシーズンが、日本代表FW大迫勇也をまた一つ上のステージに押し上げた。

 26歳の点取り屋は「相手の脅威」としてゴールを奪いたいと意気込んでいる。

 7日の国際親善試合シリア戦に向けて、日本代表は6日に試合会場の東京スタジアムで練習を行った。ドイツでのシーズンを終えて合流した大迫は「徐々に疲れは取れてきている状況ではあると思う。できることはできたかなと思います」と、試合に向けて良い調整ができていると語っている。

 13日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア予選、敵地イラク戦を前に、仮想イラクとなるシリア戦について「まずは勝つことが大前提の話。個人的には点を取ること。ゴール前にどんどん顔を出していくっていうことをベースにしながらやっていかないとなと思います」とW杯予選に向けて、弾みを付ける結果を求めた。ケルンでは今季7得点を決めたが、ゴールへのこだわりを誰よりも強く持っている。

「(意識することは)僕の場合はもっとゴール前ですね。ゴール前にもうちょっと入る回数も増やしながら、受ける回数も増やさないといけない。ゴール前に入っていくことで何かを起こすことができると思うので。そこはまず考えないといけないですね。

(ゴール前での仕事は)僕がケルンで1年間ずっと意識し続けてきたことでもありますし。ゴール前の迫力っていうところが僕の課題だと思っているから。そこはもっともっと自然とやったら出ないものだから、意識してやりながら自然と出せるようにしないといけない」

思い描くイメージ「そこに真司さんが…」

 大迫は前線でコンビを組む攻撃陣との連係に自信を見せている。

「縦にすごい勢いがある選手」と評するFW久保裕也(ヘント)とFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)の両ウイング。そして、中盤で攻撃のタクトを振るうMF香川真司(ドルトムント)。「僕が時間を作ることで二人の良さも生まれる。そこに真司さんとかが入ってくれば、また良い攻撃ができると思う」と、良いイメージを頭に思い描いているようだ。

「相手の脅威になれるように」と繰り返した大迫。この大一番でゴールを奪い、エースの座をガッチリと固めることができるだろうか。

【了】

石川 遼●文 text by Ryo Ishikawa

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images