森永乳業のPARM(パルム)といえば、コンビニやスーパーなどで買えるチョコレートアイスクリームバーの超定番。お手頃価格でありながら「アイスクリーム」(乳脂肪分8%以上且つ乳固形分15%以上)に分類されており、プレミアムアイスの味わいをもたらしてくれるナイスな存在です。

そんなPARM(パルム)に新商品が登場しました。その名も『PARM(パルム)ザ・オランジェット』。ちなみに、「オランジェット」はフランスのお菓子で、甘く煮詰めたオレンジピールをチョコレートでコーティングしたもの。PARM(パルム)との相性はよさそうですね。その実力を確かめてみました!

森永乳業『PARM(パルム)ザ・オランジェット』180円(税別)

おすすめ度 ★★★★☆

高級感あふれるパッケージ! 通常はビニール包装なのに、こちらは箱入りです(お値段も少し高めに設定されています)。そもそも「オランジェット」なるものをあまり食べたことがなかったのですが、パッケージ右上にあるように、オレンジの皮をドライフルーツにしてをチョコレートをかけたもの。このオランジェット部分については「オレンジ果汁・果肉 72%」と書かれており、かなり本物志向という印象。


取り出したる本体。この状態だと、見た目は完全にPARM(パルム)ですが……

先端をカットしてみました。チョコレートとアイスクリームの間にオレンジ色の層が確認できます。

さらに、チョコレートをちょっとはがしてみました。果汁・果肉をふんだんに含んだオレンジソースを凍らせたものという感じで、かなり溶けやすく調整されているようです。

さて、いよいよ試食! PARM(パルム)の最大の特徴といえばなめらかな口どけ。チョコとアイスが口のなかで一緒にとろけだし、混じり合って幸福感を味わえるわけですが、今回はここにオレンジソースが加わっています。最初に鮮烈な酸味が広がっていって、そのあとバニラアイスの甘みが包み込み、最後にチョコレートのコクがしっかりと締めてくれる。うん、これはおいしい!

原材料は?

バニラアイス部は「種類別:アイスクリーム」で、無脂乳固形分 8.0% 乳脂肪分 8.0% 卵脂肪分 0.4%。オランジェット部は「種類別:氷菓」になります。

【原材料】(バニラアイス部)乳製品、砂糖、水あめ、卵黄、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、(原材料の一部に卵を含む)(オランジェット部)準チョコレート、オレンジ果汁・果肉、砂糖、水あめ、オレンジピール、夏みかん果汁、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、カロチン色素、(原材料の一部に乳、大豆を含む)

カロリーは?

内容量は90mlで、1本あたり248Kcalとなっていました。

とういわけで、アイスチョコバーのコクとまろやかさに加えて、鮮烈な甘酸っぱさが混ざり合う『PARM(パルム)ザ・オランジェット』は、ちょっとしたご褒美感を楽しめるスイーツでした。ぜひ一度お試しを!

<関連リンク>
森永乳業『PARM(パルム)ザ・オランジェット』