5月24日よりとんかつ・定食チェーンの松乃家(松のや・チキン亭)では新メニュー『稲庭風冷やしうどん』の販売が始まっています。稲庭風冷やしうどんメニューは『茄子ぶっかけうどん』『温玉とろろぶっかけうどん』の2種類。

揚げ物メインの定食、カツ丼などこってりしたメニューが主力の松乃家ですが、そういった通常メニューとは全くカラーの異なる冷たいうどんの味わいやいかに!?

松乃家『稲庭風冷やし茄子ぶっかけうどん』 390円

おすすめ度 ★★★★☆

『稲庭風冷やしうどん』は他のメニューと同様券売機で食券を購入して注文します。おすすめ商品としてタッチパネルに表示されているほか、「うどん」カテゴリから選択して『茄子ぶっかけうどん』『温玉とろろぶっかけうどん』のいずれかを選ぶことができます。写真はそうして注文し、提供された『稲庭風冷やし茄子ぶっかけうどん』 です。

『稲庭風冷やし茄子ぶっかけうどん』 と商品名にも入った揚げ茄子は茄子一本の半分サイズ。上には生姜が乗っています。

揚げ茄子や刻みネギのほかには、大根おろしもたっぷりと乗っています。


稲庭風うどんは一般的なうどんよりも細めで厚みも薄め。ツルツルと食べやすい一方、コシがあり量もあるので見た目以上に食べ応えがあります。うどんが浸っているのは、かつお出汁が効いた醤油ベースのツユでこちらもクセがなく食べやすいのが特徴。

メインの具となる揚げ茄子は温かく、薄めに甘く味付けされています。揚げられた皮は香ばしく、中身は柔らかで揚げ茄子らしい味わいをしっかりと味わうことができます。茄子の天ぷらはうどんと一緒に食べることはあっても、揚げ茄子とうどんを一緒に食べるのはなかなか珍しいですが相性は悪くありません。

揚げ茄子に乗った生姜に加え、大根おろしがツユに溶けてうどんと一緒に食べても上に乗った生姜で後味もサッパリ。食が進まない時でもイケそうな食べやすさがあります。細めではありますが麺の量は十分にあり、サイドメニューとしてではなくしっかり一食ぶんになるほどのサイズなので、セットで『ミニソースささみかつ丼』を頼むと結構なボリュームになるので小食な人はご注意を。

松乃家主力メニューのとんかつやカツ丼に比べると、かなりあっさりした味わいではありますが、『稲庭風冷やし茄子ぶっかけうどん』は食べやすくも量もしっかりで満足感アリ。食欲が落ちてしまいがちな暑い季節に食べたいサッパリとしたメニューとしてオススメです。足りない場合は50円お得なプラス240円で『ミニソースささみかつ丼』とのセットにすることもできるので、さらにボリュームを求めるならセットを選ぶのも良いでしょう。松乃家で冷たいうどんが食べられるというのは、暑くなるこれからの時期覚えて置いて損はありませんよ!