モナコで慈善イベントに出席したアドナン・カショギ氏(2016年7月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】サウジアラビア出身の武器商人、アドナン・カショギ(Adnan Khashoggi)氏が英ロンドン(London)で死去した。82歳。遺族が6日、発表した。カショギ氏は、大富豪としてその豪華な暮らしぶりと、世界的な人脈の広さで知られていた。

 遺族は声明を出し、「最愛の父アドナン・カショギがきょう、闘病の末ロンドンで安らかに永眠した。パーキンソン病を患っていた」と発表した。

 米国で教育を受けたカショギ氏は、世界中で武器取引を仲介して巨額の手数料を得ていた。国際エリートらとパーティーに興じる裏で、闇商売にも関わっていたとされる。

 カショギ氏の妹が、故ダイアナ元英皇太子妃(Princess Diana)の最後の交際相手、ドディ・アルファイド(Dodi Fayed)氏の母親で、カショギ氏はアルファイド氏の伯父に当たる。

 カショギ氏の総資産は一時24億ポンド(約3400億円)に上ると推定されていたが、後に財政難に陥り、所有していたプライベートジェット機やヨットの売却を余儀なくされた。
【翻訳編集】AFPBB News