2017年、東京での“当たり前”な出会い方。

それは社内恋愛でもお食事会でもなく、間違いなくデーティングアプリだ。

しかしオンライン上での出会いに、抵抗を示す人は未だ少なくない。今まで難なく自分の生活圏内で恋人を探してきた男女なら、尚更だ。

商社で秘書として働く、桃香(30)もその内の一人。

―デーティングアプリなんて、私には関係ないわ。

そう思っていたある日のこと、桃香の価値観を揺さぶる、ある出来事が起こる。




「このスタンプ、何かしら…」

恵比寿駅の西口改札を出た瞬間、iPhoneに表示されたLINEのメッセージを見て、桃香は思わずつぶやいた。

―桃香ちゃん、休みの日は何してるの?

そのメッセージの下には、女性の間では大人気のゆるキャラのスタンプ(ピンク色の可愛らしいうさぎ)が動いていた。

相手は、先週の食事会で出会った外資系投資銀行勤務の男だ。トライアスロンが趣味だと言う彼は、男らしくスマートで、桃香のタイプどんぴしゃだった。

出会ってから毎日LINEし、ようやくデートに誘われるかと思いきや、このスタンプが送られてきて、一気に返す気が失せた。男性が可愛らしいスタンプを使うことに、桃香は激しく違和感を感じる。

最近、本当にいい出会いがない。

歳を重ねて、ハードルが上がってきているのだろうか。

総合商社の秘書として働き初めて丸8年。一般職ではあるが、同年代のOLたちに比べたら充分過ぎる給料をもらっている。そして何より、桃香はトップクラスの美女だ。

「清楚な美人」

桃香を一目見た人間は、大抵そんなイメージを抱く。艶やかに染められた栗色のロングヘアに、ぱっちりとした二重。そして透き通るような白い肌が、一層その美貌を際立たせている。初対面の人には、「佐々木希に似ている」とよく言われる。

恵比寿南方面に線路沿いを少し歩き、今日の女子会の場所『ノック クッチーナ ボナ イタリアーナ』を目指す。

今日は、いつもの4人で女子会だ。と言っても、なかなか予定が合わず、全員揃うのは3ヶ月ぶりだった。

皆容姿に恵まれ、かつ彼氏がいない。桃香にとって、最強の女友達だ。

―いい男って、本当にいないものねぇ…。今日は、みんなに話を聞いてもらわなくちゃ。

そう思うと、歩く足が自然と早まった。


久しぶりの女子会。“戦友”たちから、まさかの告白!


桃香は先月、30歳になった。

元彼のケンとは、1年前に別れたばかりだ。大手広告代理店に勤めていたケンは、見た目もノリも良く、いつも皆の中心にいるようなタイプだった。しかしその分女友達も多く、付き合っている最中、何度も喧嘩した。

ケンと別れてからの1年、食事会に行ってはいるものの、未だ彼氏はいない。




『ノック クッチーナ ボナ イタリアーナ』に着くと既に皆揃っており、何やら話しこんでいるようだった。

メンバーは、大学時代からのサークル仲間である亜美と聡子、2つ年下の後輩・茜だ。

この4人は「ゼロ次会」というLINEグループを作って、しょっちゅうやりとりしている。グループ名は、食事会の前に皆で頻繁にゼロ次会をしていたからだ(そしてそれが一番盛り上がる)。

「お待たせ。久しぶりね」

桃香がFENDIのパウダーブルーのピーカブーを置いて席に着くと、開口一番、亜美が口を開いた。

「桃香、報告があるの」

幸せそうな亜美の笑顔を見て、その“報告”の内容は、すぐに想像がついた。そしてこの瞬間、桃香の“いい男がいない”話は封印する。

「…彼ができたの??」
「当たり!!」

来た店員にシャンパンを頼み、桃香は「どこで知り合った人?」と姿勢を正して聞いた。その質問に、他の2人はいたずらっ子のような笑みを浮かべる。おかしいなと思っていると、亜美は桃香の耳元でこう囁いた。

「実はね…。ペアーズなの」
「えぇー!?」

桃香は、思わず叫んだ。

ペアーズは、何度か耳にしたことがある。しかしそれは、別次元に存在する世界のものだと思っていた。この“ゼロ次会”のメンバーがまさか、デーティングアプリで彼氏を見つけるなんて。少し、裏切られたような気分だ。

しかし亜美の彼氏がどんな人物か、大いに興味はある。桃香が「どんな人なの?」と聞くと、亜美は嬉しそうにFacebookの写真を見せてくれた。

“新田 進 弁護士 千代田区在住”

「え!?弁護士さんなの?」

桃香が聞くと、亜美は「そうなの」とはにかんだ。グランドキャニオンを背景に写っているその男はイケメンではないが、癖のない爽やかな顔立ちで、私服もなかなかお洒落だ。

すると、亜美の隣にいた茜がおずおずと「実は私も…」と切り出した。

「実は私も、タップルっていうアプリで知り合った人と、デートしてるんです」
「えー!?茜も……!?」

“タップル”は初耳だったが、どうやら共通の趣味でつながるデーティングアプリらしい。

「2人とも、良かったわね。でもそういうアプリ、私はちょっと……」

2人の幸せそうな話を聞くのは嬉しいが、デーティングアプリで彼氏を探すなんて、桃香は絶対に嫌だった。

登録している男性は女性に不慣れだろうし、例えうまくいったとしても人には言いたくない。抵抗を示す桃香に、亜美はこう言った。

「最初は少し抵抗あったけど、色んな人とデートできるから楽しいわよ」
「亜美は、何人くらいとデートしたの?」
「今の彼で、7人目かな」

―7人ねぇ…。

食事会だったら、2回行けば出会える人数だ。頭の中で咄嗟に計算をする。するとそれを察したかのように、亜美は続けた。


核心をつく、亜美の言葉とは?


「食事会だと1回でたくさんの人と会えるけど、本気で彼女探してる人っていないじゃない?」

亜美のその言葉に、茜も大きく頷いている。確かに、それは桃香も認めざるを得ない。

最近の食事会は「出会いの場」というより、「その場を楽しむだけの飲み会」と化していることが多い。「彼女がいる」と平然と言う人もいるし、既婚者が来ることだってあるのだ。

「デーティングアプリは、男の人も最初からデートを望んでいるわけだから、効率的よ」
「効率的って…。そもそも全く知らない人と会うのって抵抗あるわ」

まだ抵抗感を示す桃香に対し、亜美はこう説明した。

「でもね、桃香。食事会の後にデートして、いいなって思った人っている?」

この質問には、答えを窮した。

確かに数え切れないほどの食事会に行っているが、彼氏は一向にできない。周囲を見ても、食事会で彼氏ができた子は、体感的に10人に1人いるかいないか。つまり10%以下、だ。

しかしそれでも、デーティングアプリには抵抗があった。仮にいい人がいても、そうしたものに頼っているという自分のプライドが許さない。

「確かに、食事会でうまくいったことはないけど…。でもやっぱり、抵抗あるわ」
「そうかしら?今の時代、普通よ。そんなこと気にしてる方が、時代遅れになるわよ」




亜美は、IT系の広告代理店に勤めているだけあって、新しいものに何の抵抗もない。一方桃香はトレンドには敏感だが、異性関係にはかなり保守的なタイプだ。亜美とは、そもそもタイプが違う。

すると2人のやり取りを何も言わず聞いていた茜が、おずおずとした口調で桃香に言った。

「最初は抵抗あったけど、やってみると案外面白いんです。桃先輩も、登録だけしてみるのはどうですか?」

やや上目遣いで話す茜は、大手損害保険会社の一般職で、桃香と同じく恋愛には保守的なタイプだ。

「そうねぇ…。考えとくわ」

桃香のその言葉をきっかけに、それまで一切会話に入ってこなかった聡子が、別の話題を振ってきた。

聡子もきっと、デーティングアプリで彼氏を作るなんて考えられないのだろう。



帰宅後、聡子から連絡があった。

-今日は言い出せなかったけど、来週水曜日食事会するから、よろしくね!

そのLINEに「もちろん」と即レスした。

そう、出会いはまだ星のようにあるはずだ。

デーティングアプリなんかに頼らなくても、私はまだまだイケる。

そう思い、自分を強く奮い立たせた。

▶NEXT:6月14日 水曜日更新予定
桃香の身近なあの人も、実はデーティングアプリで出会っていた…!?