白石麻衣

写真拡大

「明治ロカボーノ」新商品発表会が6月6日に都内で行われ、新CMとWEB限定動画に出演しているアイドルグループ乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、高山一実がカフェ店員姿で登場した。

乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、高山一実、その他の写真

明治では“おいしくゆったり低糖質”をコンセプトにした新商品「明治ロカボーノ カフェラテ」を6月6日から、「明治ロカボーノ フルーツラテ」を6月13日から発売。

3人は新CMとWEB限定動画でカフェ「ロカボーノ」のカフェ店員に扮しており、この日はステージにお揃いのカフェ店員姿で登壇。報道陣の前で1回転したりと衣装もアピールし、白石は「みんなお揃いかと思いますけど、よく見ると蝶ネクタイがそれぞれ違っているんです。私はチェック柄ですけど、なーちゃんはストライプだったり、かずみんは無地なのでそこがポイントになっていたりします」と解説した。

新CMでは3人が出演する一方、WEB動画では1人ひとりにスポットが当てられた内容に。「白石先生編」では白石が西野と高山に指導する先輩役で知的なメガネ姿も披露しており、白石は「先輩役なので、お仕事ができそうなかっちりした優等生気分で撮影しましたね」と笑顔。すると、後輩役でボケて踊るシーンのある高山は「いろいろ研究して、最初小さめに回っていたら『大きく派手に動いてください』と言われて大きめに回ったのに、(完成した動画では)半周くらいで次のカットに行っていて」と笑い話も披露。

また、「話しかける西野さん編」で一人芝居に挑戦した西野は「カメラに向かって親し気に関西弁で話しているので、誰に向かって話しているかを楽しみにしてほしいです」とアピール。

「低音ボイスの高山さん編」で商品の低糖質にかけて低い声を披露した高山は、「地声が低いのがコンプレックスでしたが、それをこんなにさらけ出させていただいたのは初めてでした。明治の方も良かったと言ってくださって、コンプレックスが前向きに変わった日でした」と笑顔で報告していた。
(text&photo:中村好伸)