戦った赤星貴文が明かす「加藤恒平が日本代表に選ばれる理由」

写真拡大 (全7枚)

5月25日、サッカー日本代表が挑むW杯ロシア大会最終予選・イラク戦(6月13日)及び、親善試合・シリア戦(6月7日)に向けてJFAは招集メンバーを発表。25名のうち、初招集となった加藤恒平選手(ブルガリア1部ベロエ・スタラザゴラ)がサプライズ選出と騒がれている。なぜかというと、彼にはJ1の出場経験がなく、決して日本人からなじみが深くないブルガリアのクラブから選出されたからだ。

情報の少ない彼はどのような選手なのか世間から注目を集めている。そこで、TSポドベスキェ時代の加藤選手と対戦した赤星貴文選手に「なぜ彼が招集されたのか」を尋ねた。彼らはポーランド1部リーグ2015-16シーズンに2度対戦しており、共に赤星選手が所属していたポゴン・シュチェチンが勝利を収めている。

赤星選手はポーランド1部2013-14シーズンにおいて、35試合7得点9アシストとリーグ屈指の活躍を披露。その後ロシアにステップアップを経験してからポーランドに戻り、現在はタイ1部ラーチャブリーFCに所属している。加藤恒平選手のエピソード以外に、日本人選手が東欧リーグでプレーするための心構えや、「デュエル」について語ってもらった。

--まず、日本代表に初招集された加藤恒平選手の印象をお聞きします。彼と対戦して分かった印象などをお聞かせください。

赤星(以下略) 彼の人となりは、好青年という印象を持ちました。プレーヤーとしては、相手のパスを予測したボールカットや、スライディングでボールを奪いに行く守備的なプレーが長所ですね。ディフェンシブな選手なので、攻撃にアクセントをつけるわけではないですが、ミスなくボールをはたいていた印象があります。

--加藤選手と対戦してみて、やり辛さなどは覚えましたか?また、突出した長所などがあれば教えてください。

そういった印象はないですね。僕は当時の彼にやり辛さを感じませんでした。ただ、加藤選手はボールにガツガツ来ますからね。守備面は対戦相手からしたら、やり辛いかもしれませんね。

(突出した長所の有無について)ボールをインターセプトするプレーが特徴だなとは思いました。ただ、突出した長所はないと思います。

--交流して分かった人柄やエピソードを教えてください。

試合で話した時と、ポーランドに高円宮妃様が来られた時に彼と会いました。加藤選手は、本当に賢い青年といった印象を受けましたよ。でも、監督からは結構イエローカードをもらっているから、「落ち着け、やり過ぎるな」と言われたと爽やかな笑顔で言っていましたね(笑)。

彼は自分自身をよく分かっている印象があります。決して派手なことはしないし、五分五分のボールにも躊躇しません。そういった面が評価されたと考えています。一番の長所は自分のことをよく分かっていて、それに迷いがないところではないでしょうか。

--彼が代表に選出されたことに、驚きはありましたか?

その時は代表に選ばれる実力があるかどうか全然分からなかったですし、そういった印象は覚えませんでした。

ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、東欧方面のリーグもチェックしていたんでしょうね。ですから、代表選出に驚きはないです。

--加藤選手が代表に選出されたことで、東欧から代表を目指す選手が増えると思います。東欧から代表を目指す難しさを教えてください。

正直、監督次第だと思うんですよね。監督が東欧出身だったり、東欧に興味がある人なら可能性はあるかもしれません。他に、もっと海外に目を向ける人ならありえるでしょうね。ただ、日本人が監督だったら難しいかな。もちろん、ドイツなどの五大リーグでプレーしている選手なら、選ばれやすいと個人的に思いますけどね。

--よく、東欧はタフなリーグと聞きます。東欧でプレーする上で、必要不可欠な姿勢を教えてください。メンタルや言語といった面も含めてお願いします。

一番重要なのは入団から半年において、自分のパフォーマンスを示せるかです。試合で活躍して、味方から信頼を得ることが必要不可欠です。自分から積極的に同僚とコミュニケーションを取れるような態度を示さなければいけない。言語ができれば選手たちとコミュニケーションを取れますし、早くチームに馴染むことは大切です。

最終的にはパートナーや連携する選手と、しっかり信頼関係を築くことが一番です。それはプレー面にも繋がることで、日本人選手は南米や欧州の選手のような個の力で打開するのは難しい傾向にある。だから、チームに馴染めるように過ごすべきだと思います。

--赤星選手はポーランドから当時ロシア1部のFCウファへステップアップしました。加藤選手も当時ポーランド1部(TSポドベスキェ)からブルガリアのベロエ・スタラザゴラへ移籍しています。今までやったことがないリーグの情報はどのように調べていますか?また、未経験のリーグで、プレーする難しさを教えてください。

僕がウファに入団する前、斎藤陽介選手がウファにいたのでクラブの雰囲気などは聞きましたよ。そういった面で、日本人選手がいたことは大分助かりました。日本人選手が行ったことないクラブは、代理人に聞きます。ただ、移籍先の成績やどういったクラブなのか?というのは重視します。

(国や)リーグが変わってしまうとサッカーのスタイルも大きく変わってしまうので、適応するのが難しくなります。それはポーランドとブルガリアも同じだと思います。僕が移籍したロシアは人工芝(ポーランドは天然芝)が多かったので、慣れずに何回も怪我しましたから。

--赤星選手はポーランドで合計5シーズン過ごしました。ポーランドと日本ではプレースタイルが異なります。明確な差などはありましたか?

ポーランド人と比べたら日本人との体格に差があるので、フィジカルの面では違いがありましたね。Jリーグは技術や早い判断力が求められるリーグだと思います。ポーランドはプレーヤーの体格が大きいので、スピード感よりもフィジカルの要素が強い。

--日本人選手の長所である判断力の早さや高い技術力は、東欧でも武器になりますか?

そうですね。今挙げられた長所は東欧でプレーするのに重要になってくるでしょう。日本人選手は簡単にボールを奪われないプレーができます。加藤選手もそうだと思いますけど、シンプルにミスなくプレーすることが重要になってくる。

どうしても体格差があるので、フィジカルコンタクトで勝つのは難しい。チームのためにボールロストをしないプレーや、献身的にボールを奪いにいく姿勢は日本人選手が優れています。チームメイトを気遣うようなプレーをできるので、そういったプレーは「いぶし銀」とも言われることがあります。そういった選手たちが生き残りやすいでしょうね。海外の人たちも日本人選手をそういったイメージを持っていると思いますよ。印象としては「エンジン」と言うよりは、「歯車」と言った感じに。

例えば、僕はパス捌きやアシストを狙う攻撃的なプレーを求められていました。ポジションによってタイプは違いますけど、攻撃的MFだった僕は1人で局面を打開することがなかったと思います。多くの日本人選手は、自分の組むパートナーや連携する選手のクオリティが高ければ、より活躍する傾向にあります。周りに「いいフォワード」がいれば、アシストが増えるといったように。

--「歯車」と言われましたが、加藤選手も「歯車」的な一面はあるのでしょうか?例えばフィジカルに長けた選手がプレッシャーをかけに行って、相手がかわしに行ったところを加藤選手がボールを奪うようなプレーをするといったように。

どうだろう。でも、彼なら一枚目で行くパターンもあるんじゃないかな。それが評価されていると思いますよ。カバーするように二枚目で現れるパターンは、一般的な日本人選手ですよね?加藤選手と他の選手との違いは、一枚目で行けるか行けないか、という点だと考えています。

--それは、「デュエル」ができるということでしょうか?

よく「デュエルができる」って言葉が使われますけど、日本で言われるデュエルと欧州で考えられているデュエルは意味合いが異なります。欧州と日本では、球際の部分が大きく変わります。Jリーグは欧州と比べると明らかに球際が緩い。

例えば、ヘディングの競り合いをするとします。190cmぐらいの選手が来たら、大概の日本人選手は競りに行くことをしないと思います。だけど、海外なら160cmぐらいの選手が関係なく190cmの選手に飛び込んでいきますからね!そういうところで戦えなかったら選手として勝負できないと彼らは小さいころから自覚しているので。日本人選手は体格差を違う部分で、どうカバーするのかに頭が回ると思うんですよ。

海外だとシュートを決められそうな場面で、相手選手が頑張って足を伸ばすシーンがあります。さっき言ったような190cmの選手が相手でも、簡単にヘディングをさせないようにぶつかりにいくのと、簡単にヘディングさせてボールを奪いに行くのとではわけが違う。競りに行ったことで何かが起こるかもしれないじゃないですか。そのプレーで相手のミスを誘発できるかもしれない。

その戦う姿勢を一瞬ではなく、常に試合や練習でも毎日やり続けることが重要なんですよ。それを常に続けることで届かなかったボールにも届くようになるので、そうなればさらなる成長も見込めます。そういった戦う姿勢が「デュエル」だと思います。

もちろん、日本にも日本の良さがあります。ただ、海外でプレーしている選手たちはデュエルができるから、Jリーグでプレーしている選手よりも選ばれる傾向にあると少し思っています。

今回、加藤選手が代表に選ばれました。もしかしたら彼よりテクニックが巧みなプレーヤーや、上手くプレーできる選手はいると思いますけど、外国人と戦っている経験値は加藤選手のほうがあります。彼の戦う姿勢は、他の日本人選手と比べたら明確な違いがあると考えています。

--最後に、赤星選手が抱く代表への想いをお聞かせください。

もともと僕は、代表に対してあまり執着はありません。より、よいリーグへ行きたいという個人の成長がメインでした。今は長くプレーすることを目標にしています。人によって目標は違うと思いますけど、多くの選手たちにとって代表は大きな目標です。東欧からプレーしている選手が代表に選ばれたことは新しい歴史を刻んだと思います。それが日本にとって、プラスになっていければ。特にこれを機に色んな国でプレーしている選手が高いモチベーションを持って、より成長していける傾向ができればなお良いですね。一選手としては、今後東欧でプレーする選手が増えていけば嬉しいです。

日本人の欧州移籍がポピュラーになる前から、東欧でプレーした赤星貴文選手やルーマニアの瀬戸貴幸選手は、偉大な軌跡を残してきた。そして、代表に選出された加藤恒平選手がピッチに立つ時、我々は歴史が変わる瞬間に立ち会うことになる。この軌跡が新たな選手たちに受け継がれ、日本サッカーの行く末に寄与していくだろう。