大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は6日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 シーズンを終えたばかりの海外組にとっては疲労が残っているはずだが、大迫勇也は「徐々に疲れが取れてきている状況ではある。できることはできたかなと思う」と、合流後のハードトレーニングに手応えを口にした。

 ハリルジャパンにとってはイラク戦が“本番”だが、前哨戦となるシリアとの親善試合も重要だ。

「やっぱりまずは勝つことが大前提だし、個人的には点を取ること。前にどんどん顔を出して行くことをベースにしながらやってかないといけない」

 練習では【4-3-3】の布陣も試しているが、大迫がやることは変わらない。

「僕の場合はもっとゴール前ですね。ゴール前を入る回数も増やしながら、受ける回数も増やさないといけないし、ゴール前に入って行くことで何か起こすことができると思うので、そこはまず考えないといけない」

 久保裕也、原口元気との前線3枚はハリルジャパンの大きな武器となっているが、攻撃面で大迫は自信を持っている。

「縦にすごく勢いがある選手なので、僕が時間を作ることで2人の良さも生まれると思う。そこに(香川)真司さんとかが絡んでくれば、またいい攻撃ができると思う」

 まずはシリア戦で結果を残し、イラク戦に向かいたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部