コムアイが連ドラ初出演!
 - (C)TBS

写真拡大

 音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のボーカル、コムアイが、「行け!稲中卓球部」「ヒメアノ〜ル」などで知られる古谷実の漫画を実写化する連続テレビドラマ「わにとかげぎす」(TBS系・7月スタート)に出演することが決定。ヤクザの組長・東金直弥(村上淳)の愛人で、有田哲平(くりぃむしちゅー)演じるさえない警備員の主人公の人生に関わっていく魔性の女にふんする。コムアイが連続ドラマにレギュラー出演するのはこれが初。

 本作は、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」で連載され、累計発行部数80万部の人気漫画を、これが連ドラ初主演となるお笑いコンビ、くりぃむしちゅーの有田哲平主演で実写化。有田演じる警備員の富岡ゆうじが、しょぼくれた生活を一変させるべく友達作りに奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくストーリー。

 吉岡華役のコムアイは「自分のなかに感情が生まれて、他者性を持つことで自己を認識する瞬間。38歳になるまでその楽しみをとっておいてしまった男に起こる現実的なスリルに、何か思い出してひやっとしない人はいないはず」と主人公・富岡に深く感情移入。「最高に奔放なキャストと最高にテンションの高いスタッフに囲まれ、私が頂いた役は、話が進むごとにコロコロと印象の変わっていく道化のようなパチンコ店員です。いまのところみんなの芝居に感動してるばかりですが、こっから頑張ります!」と意気込みを語っている。

 プロデューサーの峠田浩いわく吉岡は原作とは異なるキャラクターになっていると言い、「コムアイさんが表現の難しいシーンやきわどいシーンなども軽々と飛び越えて、魅力的に演技する姿は想像を超えていて、ただただ驚いています」とその体当たりの演技にほれ込んでいる。

 キャストには有田のほか本田翼、賀来賢人、吉村界人、DOTAMA、福山翔大、ACE、淵上泰史、光石研らの出演が決定しており、脚本を映画『凶悪』(2013)、『ミュージアム』(2016)などの高橋泉、演出をテレビドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016)、「カルテット」(2016)などの坪井敏雄が手掛ける。(編集部・石井百合子)

テッペン!水ドラ!!「わにとかげぎす」は7月より毎週水曜23時56分〜24時26分、TBS系にて放送