浦和DF遠藤航、クラブとポジション違えど「浦和でやっている時の良さと変わらない」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦との国際親善試合に向け、試合当日の会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。

▽練習終了後、MF遠藤航(浦和レッズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。クラブと代表でポジションは違うことに関して、「浦和でやっている時の良さと変わらない」と球際の強さで勝負することを主張した。

◆MF遠藤航(浦和レッズ)

──クラブと代表ではやることが違うと思うが

「ポジションが違うので、まずはそこが一つの違い。ミッドフィルダーであれば運動量が求められる分、そこは自分の中では意識しなくてはいけない。球際で戦う部分は、ディフェンダーでもミットフィルダーでも変わらないと思っている。そこの良さをしっかりとどのポジションでも出していきたい」

──代表の中でも競争が激しくなっているが、そのような会話はしているか

「口に出してそれを言うことはないが、僕らのような若い選手や代表でスタメンで出てない選手たちが、スタメンを争うぐらいのクオリティを見せていかないと代表のレベルも上がっていかない。そういう意味ではリオ世代が多く入った。そういうのはすごく良いこと。僕らのようなリオ世代が世代交代できるぐらいのクオリティを見せていけるようなプレーはしていかなくてはいけない」

──リオ世代ではそういう会話は

「増えたねという話はしている。一緒にずっとやっている選手がA代表でも一緒になるというのはお互いに良さを出しやすいというのはある」

──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も会見で若い選手であってもパフォーマンスが一番良い選手を選ぶのが私のやり方だと言っていたが

「常に見てもらっているという実感はある。そういう意味では毎試合、毎試合自分の最大限のパフォーマンスを出さないとこのチームには入れないと思っている。そういう意味ではクラブで、安定したパフォーマンスを見せないといけないという感覚がある。それがそのまま代表につながっているという実感がある」

──前回呼ばれていた時に監督からはクラブでも中盤をやってほしいと言われていたが

「チーム状況的にもクラブでボランチで出ろと言われてもなかなか出られない現状があるのはしょうがない。球際の部分ではポジションが違えど、自分の特徴として、常に良さを出していけると思う。シンプルにそこを見てもらったと思っている」

「ハリル監督がボランチで使いたいと思いがある分、今回もミッドフィルダーとして呼んでもらったと思っている。ミッドフィルダーとしての自分の特徴というのは、浦和でやっている時の良さと変わらない。それを出すだけだと思う」

──AFC チャンピオンズリーグの準々決勝の相手が川崎フロンターレに決定したが

「まさかここで、日本のクラブと戦うとは思っていなかった。ただ、勝ち進めばそういうこともあると思っていた」