鹿島DF昌子源、2試合無失点に意気込み「Jリーグでやっていることに自信を持っている」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦とのキリンチャレンジカップ2017に向け、試合会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。

▽練習終了後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。シリア戦とイラク戦ではともに無失点に抑えたいことを強調。また、「Jリーグでやっていることに自信を持っている」と主張した。

◆DF昌子源(鹿島アントラーズ)


──シリア戦に向けて

「試合まで期間が短いというか、昨日と今日もある程度軽い練習だった。全員に言える事だと思いますが、準備していない人はいないと思う。特に今回はセンターバックで森重(真人)くんが選ばれていない。槙野(智章)くんと僕、(三浦)弦太で準備はしてきている。はっきり誰が出ると言われている訳ではないので、なんとも言えないが、自分自身しっかりと準備をしてきている」

「特に変わったことをする必要はないと思っている。今までJリーグでやってきたことをそのまま出せば良いのかなと。変にアピールとかそういうのは必要ではない。マジでやったろというより、平常心でいつも通り、Jリーグ、鹿島でやっていることをやれば、それが自然と良いアピールになると思っている。自分がJリーグでやっていることに自信を持っている」

──戦術練習はそんなにしていないか

「やってもいないし、僕もハリルジャパンは初めてではない。ハリルさんがやりたいサッカーというのもある程度理解している。それは鹿島とは違う。そこは少し難しいと思うけど、しっかりと切り替えて代表にいる気持ちはある」

──センターバックで誰が出るかわからないが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からもニュアンスで言われてもいないか

「ずっとJリーグとACLをやってきてて、『コンディション面はどうか?』というのは聞かれた。自分自身問題はない。中2日だが、冷静にやってきているし、調整はできていると言った」

「ハリルさんは無失点にかなりこだわる監督。全員そうだと思うが、何点獲っても、5点獲っても、5-1にされたらやはり納得いく試合ではなくなる。僕自身この前、鹿島で広島さんとやった時もそうだった。スッキリした試合にはならなかったので、そういうことのないように、この2試合はゼロということをかなり意識していると思う。そのゼロを意識している中で、森重くんを外している。そこはその分、僕や槙野くんや弦太に期待しているところは大きいと思う。それにしっかり応えられるようにやっていきたい」

外部サイト