G大阪MF倉田秋、ハリルホジッチ監督からの要求を「ハイレベルなプレー」と明かす《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦とのキリンチャレンジカップ2017に向け、試合会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。

▽練習終了後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。出場したUAE代表戦からの反省点や、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に要求されていることなどを語った。

◆MF倉田秋(ガンバ大阪)

──前回のUAE戦では出場機会があったが

「前の自分のパフォーマンには納得いっていないので、出た時にはもっと自分らしいプレーをして勝利に貢献したいです」

──昨日のミーティングではどんな話を

「戦術的な話というよりは、相手(シリア)のことを聞きました。相手の特徴を知るミーティングでした。今日の夜にポジションごとのミーティングをやると思うので、そこでですね」

──シリアの特徴とは

「アグレッシブに戦ってくるし、メンタル的にもイラクと似ていると言っていました。そういったイメージでできればいいかなと思います。激しいプレーも多いと思います」

──UAEとは違って前に来る感じがある印象だが

「見た感じ縦に長いボールも使ってきますし、よりデュエルというか、一対一がカギを握ると思うので負けないように試合と思います」

──足の状態は

「めっちゃ良くなりました。全然痛くないです。前の試合でケガをして馴染んだというか、いつでも行ける状態です」

──UAE戦のようなポジションでやるイメージか

「まだフォーメーションとかスタメン発表はされていないので分からないですが、自分ができるのは守備で運動量多く戦って、ボールを持ってスピードアップするところなので、そう言ったところをやり続けたいです」

──イラク戦に向けて試したいことは

「試したいというか、全試合全練習一個一個が勝負だと思っています。試したいというか、今の自分の実力を全て見せなくてはいけないと思っています」

──ヴァイット・ハリルホジッチ監督に要求されたことはあるか

「結構されました。止まってプレーするなとか。スピードアップとか、ハイレベルなプレーを求めていると言われました。それを頭に入れて臨みたいです」