爽やか俳優・谷原章介さんの下半身はノーガードのようです!

それは5日に都内で行われたWOWOW『連続ドラマW 犯罪症候群 Season2』(6月11日午後10:00スタート)完成試写会でのこと。玉山鉄二さん、渡部篤郎さんも参加しました。

タイトルにちなんで“俳優としての病は?”との質問が。それに谷原さんは「撮影では7割くらいズボンのチャックが開いている」とゆるゆるな下半身事情をカミングアウト。その理由として「せっかちな性格で、早く芝居をしたいという気持ちがある。開いていたことに後で気づくというパターン。これは病気です。チャック空いている症候群です」と笑わせながら「共演した女優さんに注意してもらうこともあります」と赤面エピソードも。

玉山さんは「プライベートでも会話している時にカムとへこむ」と滑舌気になる症候群。渡部さんは「スタッフも出演者も気づいてないと思うけれど、早く帰りたい病です」と公表するも、すかさず玉山さんから「全然気づいていましたけど!?」と共演者には周知の事実だったようです。

シーズン1では主演だった玉山さんは「シーズン2は出番が少ないと言われたけれど、説明セリフが多くて結構出ている。ギャラの方はどうなのかと思ったら、一緒だと……」と裏事情をぼやき節。

今作主演の谷原さんから「シーズン1で僕は4話くらいしか出ていないけれど、玉山君はずっと出ずっぱり。シーズン2でもガッツリと出ている」と紹介されると玉山さんは「本当にわりに合わない!」と笑わせました。

【関連記事】

※ 川口春奈、上島竜平の十八番芸「仲直りキス」の餌食に!?

※ 岩田剛典、吹雪の中の放置プレイに思わず「畜生!」

※ 大島優子、太らない秘訣は「暴れる」

※ 関根麻里と池上彰が、東京オリンピックでのテロ対策に警鐘

※ ベッキー、影響を受けた人物は「中居正広」