浦和DF槙野智章「この2試合、とにかくゼロで」、川崎Fに決定したACL準々決勝の抽選結果に驚き《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦とのキリンチャレンジカップ2017に向け、試合会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。

▽練習終了後、DF槙野智章(浦和レッズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対した。守備陣の1人として、この代表期間の2試合における目標に「無失点」を掲げつつ、イラク代表戦にも言及。また、同日に行われたACL2017準々決勝の抽選結果、対戦相手が川崎フロンターレに決定したことを告げられると、「マジすか!?」と驚きを隠せない様子でコメントを残した。

◆DF槙野智章(浦和レッズ)

──試合に臨むにあたって

「今回のこの2試合、とにかくゼロで抑えたいということは、特に強く言っている。守備陣に対しても、『とにかく無失点で』という言葉を言っているので、後ろの選手としては『とにかくゼロに抑えるために』ということを考えてやっていきたい」

──守る部分で監督から何か言われたことはあるか

「明日の試合に関しては、相手どうこうというよりも、まずは自分たちだということは言っている。ただ、イラクのことに関して言えば、グラウンドが悪いということは僕らも聞いていて、監督からも言われた。もしかしたら、戦い方を変えるやり方もあるのかなと。とにかく、後ろの選手としては、この試合をゼロに抑えること。これに尽きると思う」

──ACL準々決勝の相手が川崎フロンターレに決まった

「マジすか!? めっちゃ代表に集中していた。すいません。集中していました。本音を言えば、みんな一番やりたくない(相手)と言っていた」

「やっぱり、来年のACLの枠とかを色々考えると、両チームともに勝ち上がりたいなということは話していた。両チームとも、両方のやり方とか、選手個々の特長もわかっているだけに、やりづらさはあると思う」