BIGBANGのT.O.P、午後も意識不明の状態が続き集中治療室へ…ソウル梨大木洞病院に入院

写真拡大

BIGBANGのT.O.Pが意識不明で搬送された病院がソウル梨大木洞(モクトン) 病院の集中治療室だと知らされた。

T.O.Pは6日午前、部隊の宿泊施設で目を覚ますことができず、ソウル梨大木洞病院に移された。午後も意識不明の状態が続いたため、集中治療室に搬送されたことが分かった。

関係者によると、「T.O.Pが普段から飲んでいる精神安定剤を大量に服用したとみられているが、詳細は確認中」だと、明らかにした。

現在はT.O.Pの母親が見守っている状態だ。このニュースにネットユーザーも衝撃を受けている。

T.O.Pは大麻吸引の疑いで裁判にかけられている。去年10月9日〜14日、ソウル龍山(ヨンサン) 区にある自宅で、歌手練習生のハン氏と計4回に渡り大麻を吸引した疑いを受けている。2月に入隊し、ソウル警察庁の広報担当官室楽隊に所属する義務警察で、ソウル江南(カンナム) 警察署にて服務中だった。

事件が知らされてからソウル警察庁は、T.O.Pのソウル庁広報担当官室楽隊に所属する義務警察としての服務が不適合だと判断し、昨日(5日) 4機動団に転出し、現在は待機中だった。

BIGBANGのT.O.P、意識を失った状態で発見…薬物過剰摂取の疑い

YG側「BIGBANGのT.O.Pが意識を回復?確認できていない」