Image: ESO/M. Kornmesser


数百年後でもいい。いつか人類に、行って確かめてほしい。

近年、地球外生命体が存在する可能性のある地球型惑星が次々と発見されています。生命体が住める環境ということは、すなわち我々人類が将来の移住先としても考えられるということ。その中でもとりわけ科学者たちが注目しているのが、2016年に発見された惑星プロキシマbです。

生命が存在できるとされるハビタブル・ゾーン(居住可能圏)にしっかりと入っており、地球にも非常に近い場所(約4.2光年)に存在しているからです。もっとも大事なのは人間が住める環境なのかということなんですが、イギリスの研究チームのコンピュータモデルによる研究によって、生物にとって過ごしやすい気温であるという予測が発表されましたよ。

イギリスの研究者たちがプロキシマbの環境を予測するために使用したのが、気象予報モデルソフト「Unified Model」。イギリス気象庁が地球の気象研究のために作った気象予報プログラムです。研究者たちはこのUnified Modelにプロキシマbの予想される大気条件を入力。地球のように窒素と酸素が豊富な大気である場合、もしくは窒素と微量の二酸化炭素のみを含む大気の場合の2パターンの大気条件を元に、プロキシマbの気候環境を予測したのです。

Astronomy and Astrophysicsにて発表された研究結果によると、「プロキシマb」は水が存在できる安定した地表温度を持つことが判明し、これまでの予測を裏付ける結果となりました。ただ地表すべてが安定した環境というわけではありません。陽の当たらない地表部分では-200℃の場所もあります。地球の最低気温が南極で観測された-93.2℃であることを考えると寒いどころの問題じゃないですね。ただそれでも我々が移住するには十分な広さの暖かい領域があることが予想されています。

注意しなけれればならないのは、この結果はプロキシマbに大気が存在するという条件のもと予測されており、プロキシマbに大気がまったく存在しない場合も考えられるということです。他の研究ではプロキシマbは赤色矮星プロキシマ・ケンタウリのそばを周回しているため、多量の高エネルギー太陽フレアに晒され、大気が存在していない可能性も指摘されているんです。

また地表条件も一切考慮されていません。地球でも、それぞれの土地の条件が気候に影響するように、地表条件によっては結果が異なる場合も考えられます。

それらの点から、ハーバード大学の天文学の権威であり、プロキシマbがあるケンタウルス座α星系へ探査機を送り込む計画を進めているAvi Loeb教授は、米Gizmodoに対して、結果は「有望材料」ではあるものの、大気があるという条件に基づいている以上、今後はプロキシマbが実際に大気を持っているのか、またその大気が何で構成されているのかを観測していく必要があると説明しています。

しかしプロキシマbの大気を調べるには今の宇宙望遠鏡では観測できず、従来以上の強力な望遠鏡が必要になるとか。もちろんすでに新たな技術の開発は進んでおり、今年で27周年を迎えたハッブル宇宙望遠鏡に替わるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が2018年以降に打ち上げられる予定。新しい宇宙望遠鏡によって惑星プロキシマbのさらなる情報が得られることが期待されます。

果たしてプロキシマbに人類が移住する日が来るかどうか。私たちが生きている間には無理でしょうね。生きている間に火星ぐらいには行ってもらいたいもんだ。


Image: ESO/M. Kornmesser
Source: Astronomy and Astrophysics(PDF), Astrophysics Data System

Maddie Stone - Gizmodo US[原文]
(Shun)