PENTAGON フイ、自身が作曲した「NEVER」の音楽配信チャート1位に感謝“実感が沸かない”

写真拡大

CUBEエンターテインメントが傑出した作曲ドル(作曲+アイドル)。現在、韓国の音楽配信チャート1位にランクインしている「NEVER」を作曲したPENTAGONのフイがその主人公だ。

PENTAGONのフイとイドンは、先日韓国で放送されたMnet「プロデュース101」シーズン2のコンセプト評価に使われた曲「NEVER」を作曲して話題を集めた。「NEVER」はそうそうたる音源強者を抑えて、堂々と音楽配信チャート1位となり波乱を呼んだが、この曲を作曲したフイとイドンにとって、この“事件”がこの上なく印象的な出来事になった。

これに関して、フイはOSENとの取材で「僕が作曲した曲をこんなに愛していただけるなんて、実感が沸かない。音楽配信サイトに入ってみても、ただただ不思議だ」と感想を伝えた。

「NEVER」を一緒に手掛けたTriple HとFlow Blow、ラップの歌詞を手掛けたPENTAGONのウソクに感謝を伝えたフイは「曲を見事にこなしてくれた“国民の息子”のメンバーに本当に感謝している。話題の中心に立っている『プロデュース101』という番組だからこそ可能な結果だ」と強調した。

フイは「この番組に参加すること自体が、練習生の方々のように僕にとっても挑戦だった。良い結果が出たようで本当に嬉しい。これからもっと良い音楽を通じて、作曲家のフイだけではなく、歌手フイとしても近付いていけるように全力を尽くす」と感想を伝えた。

PENTAGONのフイとイドン、キム・ヒョナが作曲を手がけた「プロデュース101」のコンセプト評価曲「NEVER」は、先日(3日) 正午に音源が公開されてから現在まで、チャート1位をキープし、凄まじい勢いを見せている。

「NEVER」は洗練されたサウンドがポイントのディープハウスジャンルの曲で、別れた恋人が恋しいが、何とか忘れようとする男の叫びが盛り込まれており、トレンディなメロディに感性あふれる歌詞が際立つ曲だ。