日本代表、ホームでのシリア代表戦に向けて最終調整《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大 (全5枚)

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦とのキリンチャレンジカップ2017に向け、試合会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽昨日に全選手が合流したチームはこの日、練習開始予定時刻の15分前にグラウンドに登場。数人ずつでのパス回しで身体を温め始めた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽初招集のメンバーたちにも笑顔が見られ、パス回しの合間には笑い声が会場内に響き渡っていた。その後、号令がかかり、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督による青空ミーティングを催した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽ランニングに移ると、選手たちの表情も真剣な顔つきに。GK川島永嗣(メス/フランス)やDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、DF槙野智章(浦和レッズ)らが先頭を走り、後方から他の選手が続々と続いた。

(C)CWS Brains,LTD.
▽フィールド2周を走り終えると、GK組たちは全体から外れ、それぞれで調整。フィールドプレーヤーたちはステップワークとランなどのウォーミングアップを済ませるなど、メディア公開の15分間のトレーニングから本格的な練習へと移行した。

▽6大会連続のW杯出場を目指す日本は現在、グループBで首位に位置。翌7日に行われるシリア代表とのキリンチャレンジカップ2017を経て、13日に行われる第8戦のイラク代表とのアウェイ戦に向かう。