5人組ロックバンドSuG(写真下) (C)2017 Summit Entertainment, LLC.
All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

写真拡大

 キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じたヒット作の続編「ジョン・ウィック チャプター2」の本編映像に、5人組ロックバンドSuGの新曲「AGAKU」をのせたコラボ映像が公開された。

 マフィアに家を破壊された殺し屋ジョン・ウィック(リーブス)が伊ローマに飛び、死闘を繰り広げるさまを描く。「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、「バイオハザード ザ・ファイナル」「トリプルX 再起動」とアクション映画の出演が続くルビー・ローズ、ラッパーのコモンらが新たに出演する。

 映像では、柔術や拳法とガンファイトをミックスした“ガン・フー”、体術にナイフを絡めた“ナイ・フー”、カーアクションを盛り込んだ“カー・フー”といった本作ならではのアクションの見せ場が詰め込まれている。美術館のインスタレーションやライブ会場のモッシュの中でのバトル、ネオンやスポットライトを効果的に用いたスタイリッシュな映像に、きらびやかかつ疾走感あふれるSuGの楽曲が融合した仕上がりになっている。

 ボーカルの武瑠は「前作『ジョン・ウィック』から進化を遂げ、ますますソリッドになった映像美に感動しました。ちょうど構想中だった『AGAKU』MVでは、本作にインスパイアされたところが少なくありません。また1人で活路を切り開いていくジョン・ウィックの姿に、ジャンルレスの道を歩むSuGの歴史を重ねて見てしまう部分もありました」と作品からの影響を語る。「今回のコラボは、一映画好きとしてもミュージシャンとしても、とても光栄なことだと思っています。楽曲の疾走感と映像の美しさやアクションを生かした編集によって、それぞれの魅力をより引き出してもらえる映像だと感じました。音楽を通して、少しでも作品の力添えができればと思います」と感謝を述べている。

 「ジョン・ウィック チャプター2」は、7月7日から全国公開。