@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ディフェンダーのカスタマイズ、JEモーターワークス

英国コベントリーを拠点とするチューナー「JEモーターワークス」が、ランドローバー・ディフェンダーに、フォード・マスタングやフォーカスRSのエンジンを搭載するサービスを始める。狙いはなんと、環境性能だ。

対象となるのは、2.3ℓEcoBoostエンジンで、最高出力350ps、CO2排出量175g/kmを実現する。

つまり最も環境性能の高いユニットでさえ、CO2排出量が266g/kmであった最終型ディフェンダー用ディーゼルユニットよりも、はるかに経済的なのである。

まるでトラクター? JEモーターワークスの腕前

JEモーターワークスは、EcoBoostユニットが、ディフェンダーのオリジナルキャラクターに沿ったものになるようチューニングを施すという。

同社のチェアマンで、チーフエンジニアでもあるジョナサン・ダグラスは、「まるでトラクターのように力強く、健全な燃費性能も発揮しますよ」と話している。

開発は順調に進んでおり、コンバージョンサービスの開始は2017年末までに開始するという。