林聖男氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日に発表した6官庁と青瓦台(大統領府)の次官級人事で、外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官は留任となった。

 新政権で次官が留任するのは初めて。林氏は対米・対中の外交専門家で、北朝鮮の核問題解決に向けた役割を引き続き担ってもらう狙いがあるとみられる。また、今月末に韓米首脳会談が予定されている中で、青瓦台国家安保室の第2次長が空席であることも影響したと分析される。
csi@yna.co.kr