【心理テスト】カレーに絶対入れたくない食材でわかる、あなたがどうしても苦手な人

写真拡大

 今日のカレーは、何カレーでしょうか? カレーなら冷蔵庫の残りもので、おいしく作れます。でも、「これはさすがに入れたくない……」というものがあるかもしれません。今回はカレーの具でわかる、心理テストです。

【質問】
 冷蔵庫の残りものでカレーを作ろうと思います。「これだけは入れたくない」のはどれ?

A:あんこ
B:イチゴ
C:イクラ
D:プリン

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「どうしても苦手な人」
 入れれば全部カレー味になるカレーに、どうしても入れたくないものは、あなたがどうしても受け入れたくない苦手な人をあらわします。

■A:あんこ……頑固でゆずらない人が苦手
 あんこは、和菓子の原点。あんこ=和菓子です。どんな料理に使われても、あんこが入れば、和菓子風味になってしまうのです。そんなあんこは、誰といても変わらない人の象徴。あなたは、頑固でゆずらないと感じる相手が苦手でしょう。その場の空気を読まない発言をする人、周りが引いているのに気づかず自己主張する人に、げんなりしてしまうのです。

■B:イチゴ……かわいこぶる人が苦手
 そのまま食べればおいしくてかわいいイチゴ。そのかわいらしさも、時と場合と場所によっては、フルーツテロに。イチゴを入れたくないと思うあなたは、かわいこぶる人が苦手でしょう。上目遣いで、首をかしげたそのしぐさ。絶対に「自分の一番かわいい角度」を知っていてやっているとしか思えない、あざとさ。臆面なく、かわいさを武器にしてくる人は、見たくないのです。

■C:イクラ……お高くとまっている人が苦手
 高級食材のイクラは、紅色に輝く宝石。イクラを入れたくないと思うあなたが苦手なのは、セレブリティ感あふれる、ただそこにいるだけで、なんだかお高くとまっていると感じてしまうような人でしょう。ちなみに、イクラが紅色に輝くのは生の状態のときのみ。タンパク質ですから、カレーに入れて火を通すと、死んだ魚の目のように白くにごってしまいます。

■D:プリン……なんでも真似してくる人が苦手
 みんなに人気のプリンは、卵と砂糖の甘く優しい味わい。でも、カレーに入れてかきまぜたら、跡形もなく消え失せてしまいます。プリンを入れたくないと思うあなたが苦手なのは、なんでも人の真似をしてくる人。自分自身というものがなくて、なんでも人まかせ。自己主張がないから、人との距離感も妙に近くて、べたべたとして、付き合いにくいのです。

 苦手なものでも、チャレンジしてみれば、意外といけるかもしれません。カレーに新しい具材を入れてみたり、あるいは、苦手なタイプのあの人に話しかけたりしてみてはいかがでしょうか。
(高橋桐矢)※画像出典/shutterstock