戦線離脱を余儀なくされた阿部。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 2017年6月6日、今季はFWか2列目で起用されていた阿部拓馬が5月31日の清水戦(ルヴァンカップのグループステージ7節)で負傷。チームドクターの診断の結果は、クラブから以下のように発表された。

病名 : 右前距腓靭帯損傷
全治 : 約3〜4週

 昨季は体調不良に悩まされ、満足の行く結果を残せなかった。今季は川崎戦でゴールに絡むなど貴重な働きをしていただけに、このタイミングでの離脱は痛かった。夏場に向けてチームは総力戦が求められる。早期の復帰を期待したい。