アキラ100%

写真拡大

6日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が、BPO(放送倫理・番組向上機構)に寄せられたアキラ100%の裸芸に対してのクレームを批判した。

番組では、「アキラ100%がピンチ!? 裸芸にクレーム」と題して、この話題を扱った。クレームは「悪ふざけで無理やりその芸をやらされたりする恐れがある」など、子どもの教育に悪影響だと訴えるものが主だという。

この件について、坂上は「あくまでも僕の個人的意見ですけど…何がダメなんだ?」と批判したのだ。続けて坂上は、恐れている事態にならないよう注意するのが「躾なんじゃないの?」と疑問を呈する。そして、芸には表現の幅があり、アキラ100%は今の時代に合わせて、許される範疇で魅せているのだと擁護した。

さらに、坂上は「(アキラ100%は)裸芸でやっていくって決めた段階で、すごく狭い中で頑張ってるワケじゃん?」「それをもっと狭めるようなのっていうのがね」「なんか俺、かわいそうになっちゃうんだよね」とアキラ100%へ同情を寄せていた。

【関連記事】
坂上忍 卓球日本代表の女子高生への発言にスタジオざわつく
坂上忍が橋爪遼容疑者の実家住まいを疑問視「自立してなんぼ」
坂上忍がホラン千秋に「セックス依存症」と言い放ちスタジオ騒然