「番人」イ・シヨン&SHINee キー、検察・警察合同捜査本部をはぐらかす

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「番人」チョ・スジ(イ・シヨン) とコン・ギョンス(SHINee キー) が検察と警察の合同捜査本部の捜査からかろうじて逃げ出した。

5日、韓国で放送されたMBC「番人」で番人チームは、15年前にレイプ犯罪を犯したにも関わらず釈放されたタクシードライバーのイ・ジャンス(クォン・ジェウォン) を逮捕しろというミッションを受けた。チョ・スジは「有罪を立証する資料を探すように」とコン・ギョンスに指示。また、ユン・スンロ(キム・ムソン) との関連性についても調べるように伝えた。

番人チームを逮捕するために検察と警察の合同捜査本部が設けられ、検警合同捜査本部はIPを追跡してチョ・スジと共犯のハッカーコン・ギョンスの位置を捜索。同時に、イ・ジャンスの行方も探すようにと言った。

チョ・スジはイ・ジャンスの家の前で調査をしているところだった。そして警察もイ・ジャンスの家の前へ出動していた。

チョ・スジは巡査服を着てようやく脱出。コン・ギョンスも警察の追撃をはぐらかしたのだった。