Vinicius、SM「STATION」11番目の主人公に登場…新曲「Easy」公開

写真拡大

シンガーソングライターVinicius(ヴィニーシャス) がSMのデジタル音楽公開チャンネル「STATION」シーズン2の11番目の主人公となる。

Viniciusの新曲「Easy」は9日午後6時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど各種の音楽配信サイトで音源が公開される予定だ。

今回の新曲「Easy」は夢幻的なサウンドとViniciusの甘いボーカルが調和したミディアムテンポのエレクトロニカジャンルの楽曲で、歌詞にはそれぞれの記憶と不安な感情のためにありのままの姿が見られない関係のもどかしさを表しており、Viniciusが作詞・作曲・編曲を手がけて関心を引く。

Viniciusはシンガーソングライターとして2016年からレーベルGreater Fools Recordsより、シングル「Sailing」「息」「たぶん」「Satisfy」などを発売し、自身だけの音楽カラーが認められており、7月には1stフルアルバム「間」も披露する予定で、これからの活躍がさらに期待されている。

「STATION」シーズン2は毎週さまざまなアーティスト、プロデューサー、作曲家たちとのコラボを通して完成度の高い音源とコンテンツを披露し、好評を得ている。