出典:Nosh

6月7日(火)〜6月9日(水)、厳選素材のみを使って作った『究極の唐揚げ』と、『あごだしつゆ』のみを味付けに使った『あごだし唐揚げ』を無料で試食できる、『あごだしチャレンジ2017』究極の唐揚げVSあごだし唐揚げ味比べ試食イベントが二子玉川で開催!

そのメディア内覧会にお邪魔してきました。

 

■これでもかと贅沢な素材を使った「究極の唐揚げ」



出典:Nosh

『究極の唐揚げ』は、コストを度外視して厳選素材のみを使って作られた贅沢な唐揚げ。

鶏肉は全国53種類の銘柄鶏・地鶏で唐揚げを試作し辿り着いた『青森シャモロック』、味付けには長野県の山奥に湧き出る『幻の山塩』、魔法の純米料理酒『旬味』、『木樽熟成久原醤油』、衣には『未粉粒片栗粉』、『究極の薄力粉』、揚げ油には『小豆島オリーブオイル』と榧(かや)の実から絞った最高級の植物油『幻のかやの実油』を混ぜたものを使用。

まさしく今まで食べたことのない、『究極のからあげ』と呼ぶにふさわしい唐揚げに仕上がっています。

1つ当たりの原価はなんと約500円! 売値にすると2,000円にもなるそう!



出典:Nosh

イベントに登場した『日本唐揚げ協会』会長を務めるやすひさてっぺいさんは、「2,000円の唐揚げなんて通常食べたことないですよね。良いものを使っているだけあって肉も塩も衣もうまいです。鳥のうまみも塩加減も流れるように口に入ってきて、鼻から抜ける香りも抜群。後味もしつこくなくて美味しいですね」とべた褒め。唐揚げのプロも納得の味です。

 

■味付けは「あごだしのつゆ」のみ!「あごだし唐揚げ」



出典:Nosh

『究極の唐揚げ』に対抗するのは、九州の調味料メーカー『久原醤油』が展開する万能つゆ『あごだしつゆ』を味付けに使った『あごだしの唐揚げ』。

『あごだしの唐揚げ』は、『あごだしのつゆ』以外の材料はすべて通常のスーパーで売っている鶏肉や調味料を使っているとのこと。『あごだしのつゆ』のうまみが最も引き出す漬け時間は“28分”。50種類の漬け込みテストから導き出しています。



出典:Nosh

『あごだし唐揚げ』を食べたやすひささんは、「すげえウマいですね(笑)“究極の唐揚げ”とは全く違ったおいしさがあります。魚由来のだしの風味と肉のうまみが相まって、本当にウマいです。今まで食べた唐揚げの中でも上位にくるおいしさです」と絶賛。

『究極の唐揚げ』にも引けを取らない美味しい唐揚げだと伝わってきました!

 

■「究極」と「あごだし」どっちが美味しい!?



出典:Nosh

やすひささんは試食後に感想を聞かれると、「究極の唐揚げはもちろんおいしいですが、あごだしを使ったものは想像を超えてきた。“究極の唐揚げ”と“あごだしからあげ”、この2つの対決を試みたのは無謀だと思っていましたが、その考えは改めました。感動しました」とコメント。

Nosh編集部も試食させてもらいましたが、贅沢な具材の説明を聞くとどうしても『究極の唐揚げ』の方がおいしそうに見えます。そしてやっぱりめちゃくちゃおいしい!

その後に食べた『あごだし唐揚げ』。『究極の唐揚げ』は家庭の唐揚げの味を極限まで洗練させたような風味でしたが、『あごだしの唐揚げ』は食べたことのないような旨味に驚き!


出典:Nosh

あごから取れる出汁はこんなに美味しいのかと感動しました。シンプルな味付けだとは思えない風味に仕上がっています。

「交互にずっと食べていたい……」と思うほど、どちらもおいしかったですよ!

 

『究極の唐揚げ』『あごだし唐揚げ』を試食できる『あごだしチャレンジ2017』究極の唐揚げVSあごだし唐揚げ味比べ試食イベントは、6月6日(火)12:00〜と6月7日(水)12:00〜の2回! 二子玉川ライズショッピングセンター『ガレリア』にて開催です。

両日限定250食! しかも先着順で無くなり次第終了! 6日のイベントでは11:30には長蛇の列ができていました。

食べ比べイベント後は、1日先着1,000名の方に『あごだし唐揚げ』が提供されるとのことです。

最高に美味しい唐揚げをタダで食べられるチャンス、見逃さないでくださいね!

【関連記事】

※ シチリア産岩塩を使用!人気のマウントレーニアから「塩バニララテ」が登場

※ インスタ映え抜群!フォトジェニックな「四角いパスタ」が日本初上陸

※ ジェラート×ブリオッシュ「ブリジェラ」に夏限定ココナッツフレーバー登場

※ 冷んやりアツアツ!新食感スイーツ「アイスクリームホットサンド」登場

※ ジューシーなピーチティー味のかき氷がコメダ珈琲から登場!