画像提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは、USB3.1(Gen1)対応の外付けポータブルSSD「RP-SUD512P3」を6月16日に発売する。容量は512GBで、2月から発売している128GBのポータブルSSD「RP-SUD128P3」及び256GBの「RP-SUD256P3」の大容量タイプとなる。価格はオープンで、店頭参考価格は58,000円(税込)。

持ち運びに便利な外付けポータブルSSDの需要が拡大している中で、幅80ミリ×高さ49.5ミリ×奥行き9.4ミリの小型・薄型なデザインかつ約25グラムという軽量を実現した。

データを守る高性能コントローラーを搭載しており、データが読めなくなる前に自動で検知・修復する自動リフレッシュ機能つき。コンパクト設計だが、データ転送速度は読み出し、書き出しともに400MB/秒と、一般的なHDDと比べて約4倍の速度でデータ転送が行える。

本体カラーはシルバー。インタフェースはUSB3.1(gGen1)/3.0/2.0。45僂USBケーブルが付属する。対応OSはWindows 10/8.1/7(64bit/32bit)。