モデルのミランダ・カーが、写真動画共有アプリ「スナップチャット」のCEOのエヴァン・スピーゲルと新婚旅行でフィジーのラウカラ島に滞在しているという。

34歳のミランダは26歳のエヴァンと2015年6月に交際をスタートし、昨年7月に婚約。先月27日にロサンゼルス近郊のベレントウッドの自宅で結婚式を挙げた。

そして、そんなミランダとエヴァンはフィジーのラウカラ島にハネムーンに行ったとゴシップサイト「E!ニュース」は伝えた。2人は360度海と熱帯雨林の景色が堪能できる豪華な邸宅に宿泊しており、一泊1万2800ドル(約140万円)から6万ドル(約660万円)するとのこと。このリゾートは2003年に栄養ドリンク販売会社レッドブルの創業者ディートリヒ・マテシッツ氏が購入し、マテシッツ氏から個人的に認められないと宿泊はできないそうだ。

ミランダは素敵なリゾートでハネムーンをたのしんでいるようで、夫エヴァンとニコニコしている姿が目に浮かぶようである。

ラブラブなエヴァン・スピーゲルとミランダ・カー instagramより