© 2017 Apple Inc.

開発者プログラムに参加しているユーザーに限り、Appleは開発途上のベータ版『iOS 11』を公開しました。

海外のニュースサイトによれば、Appleが発表していない新機能も発見されています。

こちらもご覧ください。
『iOS 11』の新機能・変更点まとめ
→ 【iOS 11】正式リリース日・アップデート対応機種一覧

目次

電波レベルの表示が「●●●●●」から変わったDockに並ぶアイコンには名前が表示されないカスタマイズ可能なコントロールセンターカメラアプリでQRコードをスキャンできるSiriにキーボードによる文字入力で質問Safariの新機能SOS機能使っていないアプリを自動消去左右のAirPodsに異なる操作を割り当てられるiPhoneだけで画面を録画スマート反転

電波レベルの表示が「●●●●●」から変わった

『iOS 7』から3G・LTE回線の電波レベルを示す表示が「●」になりましたが、iOS 11では長方形のバーが並ぶ形に戻りました。

目次に戻る

Dockに並ぶアイコンには名前が表示されない

ホーム画面下部にあるDockにアプリを並べると、そのアプリの名前は表示されません。

目次に戻る

カスタマイズ可能なコントロールセンター

Appleのウェブページでも公表されていますが、ニュースサイト『Mac Rumors』がさらに詳細な内容を報じています。

コントロールセンターに追加できる項目は、ホームアプリ・アクセシビリティ・アラーム・Apple TV Remote・アクセスガイド・低電力モード・メモ・文字サイズ・Walletなど、多岐に渡るようです。

目次に戻る

カメラアプリでQRコードをスキャンできる

標準のカメラアプリを開き、QRコードにかざすと自動でスキャンします。たとえばウェブページの場合はSafariでそのページを開くことができます。

目次に戻る

Siriにキーボードによる文字入力で質問

これまでは話しかけるしか方法がありませんでしたが、iOS 11からキーボードの文字入力によってSiriに指示・質問できるようになりました。

目次に戻る

Safariの新機能

サイト間追跡の回避を試みる機能のほか、カメラ・マイクへのアクセスを管理する機能が追加されました。

目次に戻る

SOS機能

ロック(電源)ボタンを5回連続して押すと緊急通報できる機能が追加されました。

ベータ版『iOS 10.2』に一時期追加されていた機能ですが、正式版ではインド国内に限って提供されることになりました。
→ 『iOS 10.2 beta 3』の変更点まとめ

目次に戻る

使っていないアプリを自動消去

iPhoneの空き容量が減ったときに、長い間使っていないアプリを自動で消去させられる設定が追加されました。

アプリは削除されても、アプリに含まれるデータはiPhoneに残されるので、再インストールすればデータを復旧できます。

目次に戻る

左右のAirPodsに異なる操作を割り当てられる

これまでは、AirPodsをダブルタップしたときの機能を左右両方のAirPodsに1つしか割り当てられませんでしたが、iOS 11からは左右で別々の機能を割り当てられるようになりました。

目次に戻る

iPhoneだけで画面を録画

iPhone・iPadだけで、そのデバイス上で行った操作を録画できる機能が追加されました。コントロールセンターから録画を始められるようです。

目次に戻る

スマート反転

アクセシビリティ機能の1つとして、表示の色を反転させる「色を反転」機能があります。iOS 11では、一部のコンテンツ・アプリでは色を反転させない機能が追加されました。

目次に戻る

いずれの機能も開発途上のベータ版に含まれるものなので、秋の正式リリースまでに仕様が変わったり削除されたりする可能性があります。

参考

iOS 11 Preview: First look at Apple’s latest mobile OS [Gallery] | 9to5MaciOS 11 Tidbits: Customizable Control Center, One-Handed Keyboard, Type to Siri and More - Mac Rumors