こんな時もニオってる…?男性が語る「職業別・女性の汗が気になるシーン」とは?

写真拡大

男性の汗の臭いが〜という話はよく聞きますが、その逆、女性の汗の臭いが〜という話はあまり聞きません。
やはり男女平等が進んでいるとは言え、男性は女性に対して素直に「汗の臭いが気になる」と言うのは抵抗があります。

そこで今回は、男性が女性の汗の臭いに対して思っているホンネを紹介します。

●(1)営業編 外回りから帰ってきたときの汗の臭い

『頑張ってきたのは分かるんだけど、モワッとした汗臭い匂いはやっぱりニガテです』(31歳/IT)

今や外回りの営業などは男性の仕事ではなく女性もしている仕事です。
男性の場合は言ってみれば「外回りの歴史」みたいなものがあるせいか自分の汗の臭いに対して敏感ですが、女性の場合は「外回りの歴史」が浅いせいか、そういった「外回りの汗の臭い」に鈍感な人が多い のです。

外回りから帰ってきた女性の汗の臭いが一番気になるのは、やはり隣に座られたときではないでしょうか。

●(2)事務編 スリッパに履き替えたときの足の臭い

『ずっとヒールを履いてた人がスリッパに履き替えると、その瞬間にツンとした匂いがするのでおえっとする』(27歳/印刷)

案外盲点かもしれませんが靴からスリッパに履き替えたときの臭いは気になっている人が多いようです。
特に夏場などの靴の中が蒸れる時期のスリッパの履き替えは特に臭いが気になります。
やはりクーラーが聞いている事務職であっても靴の中は蒸れてしますし、人によっては「クーラーが効いているから臭いは発生していないだろう」と考えてしまいがちなのです。

●(3)販売編 棚卸しとかしてるときに香水と汗が混じった臭い

『棚卸ししているとどうしても腕を上げる機会が多いから仕方ないんだけど、女性が腕を上げるたびに脇の臭いと香水の匂いが混じった匂いがして辛いです』(33歳/小売)

人の臭いが気になる場面というのは、基本的に相手が何か動いているときに匂ってくるものです。
その動作が大きければ大きいほど臭いは周囲にまき散らされます。
特に棚卸などの大きく動く場面においては、女性の場合、汗と香水が入り混じった臭いが漂っています。

たしかに香水は単体で考えると非常に華やかですし、販売業においてもプラスの効果が期待出来ますが、汗の臭いが混ざると明らかにお客さんにいい顔はされません。

●(4)医療編 夜勤明けの汗の臭い

『看護師はハードワークだし立ち仕事が多いからね、頑張った人ほど汗臭い』(28歳/医者)

医療機関では基本的に室内の温度が一定に保たれているため、夏場などはクーラーの効いた部屋で仕事をする他の職種とは異なり、室内でも汗をかいてしまうことが多いのです。
ですがその職業柄、清潔感を求められるためナース服はこまめに洗濯されているかとは思いますが、忘れがちなナースシューズも臭いの元です。

夜勤明けともなると仕方のない面もありますが、患者さんは汗の臭いが気になってしまう可能性があります。

●(5)美容編 髪の毛を洗ってもらってるときに香ってきた

『シャンプーとかで美容師さんのワキが近づいたときに嫌な匂いがしたんですよね、美容師っていい匂いがするイメージがあるからなおさらショックでした』(25歳/営業)

美容院でシャンプーしてもらうときによくお客さんの顔と美容師のワキが近くなることってありませんか?
そんなときに美容師さんのワキからもわっと嫌なにおいがしてきたら嫌ですよね。

美容師さんは立ち仕事が多くお客さんをお洒落にするのが仕事なので、自分にまでメンテナンスが行き届き辛いと思いますが万全の対策をしてほしいところですよね。

----------

男性は女性の汗、単体の臭いであれば理解はしてくれます。
やはり男性も汗は掻きますし自身も気にしている人が多いからです。

ですから、男性が女性の臭いに対して思うことは「女性の汗の臭いは気になるけどお互い様だと思っている、でも汗と香水が入り混じった臭いはとても気になる」と言えます。

(文/恋愛jp編集部)