新ドラマ「河伯の花嫁2017」ナム・ジュヒョクの予告映像を公開…神秘的な姿に“注目”(動画あり)

写真拡大

河伯の予告映像が電撃公開された。美しいオリエンタル風なファンタジーの世界を現代で再創造したような風景に、これまでベールに包まれていた“水の神”河伯ナム・ジュヒョクの意味深な姿が関心を集めている。

tvN新月火ドラマ「河伯の花嫁2017」側は、6日に今までドラマで見たことのない新しいキャラクター“水の神”に生まれ変わったナム・ジュヒョクの河伯の予告映像を初公開した。

「河伯の花嫁2017」は、人間の世界に舞い降りてきた水の神・河伯(ナム・ジュヒョク) と、先祖代々神の下僕として生きる運命で、現実主義者であるふりをする女医師ソア(シン・セギョン) のファンタジーロマンスドラマだ。

6日に公開された河伯の予告映像でナム・ジュヒョクは、これまで見たことのない神秘的なビジュアルと“水の神”河伯の独歩的なカリスマ性を披露し、見る人を圧倒させている。水墨画から出てきたように孤高な水の神の姿で現れたナム・ジュヒョクが、目を見開き「私は水国の王、河伯だ」と静かに話す姿が視線を引き付ける。

特に風になびく青い髪の毛は、水の神だけの神秘的な雰囲気をさらに高め、強烈なオーラを放つ。このようにナム・ジュヒョクの“神ファータル”河伯の姿は、見る人にドラマ「河伯の花嫁2017」に対する関心をさらに高めている。

制作陣は「ナム・ジュヒョクは“水国の王”河伯への変身のために台本を細かく分析するのはもちろん、表情と繊細な仕草一つまで気を使い、心血を注いでいる」とし、「“水の神”河伯に生まれ変わるナム・ジュヒョクの新たな姿を楽しみにしていただきたい」と明かした。