同じ女子から見て「うわあ、この人女子力あるなあ」と感心してしまう人っていますよね。いつもキラキラしている彼女たちは、異性からはもちろん同性からも憧れの的です。なにも、カフェをめぐったり、高額な習いごとにいっている人=女子力が高い、というわけではありません。
意識が高い女子と女子力が高い女子というのは別物なのです。今日は、女子力が高い人が押さえているポイントにせまってみました。

1: カバンの中がキレイ

女子力の高さは、その人の身の回りを見れば一目瞭然です。カバンの中がきちんと整理されている人は、モノを大事にできる人です。一事が万事で、カバンがキレイな人はデスクや財布の中身、自分の部屋までキレイなものです。
逆に、カバンの中がごちゃごちゃで、部屋の鍵を出すにもカバンをひっくり返さないと出てこないような人は女子力が低いといえるでしょう。

2: 甘い香りがする

エレベーターに乗ったときに、ふわっと砂糖菓子のような甘いにおいがする女性には思わず「女子力があるなあ」とうっとりとしてしまいます。甘い香りでなくとも、フレッシュな柑橘系や、ラベンダーの香りなどがすれ違いざまに香ってくると、ステキだなあと思ってしまいますよね。

3: オールした翌日でもバッチリメイク・バッチリヘアセット

前日、遅くまで出かけていたにも関わらず、翌日は朝からばっちりと身だしなみを整えて、なんなら髪を巻いたりしている人。うーん、あっぱれです。メイクや髪の毛のセットは社会人としてのマナーともいえるもの。職場にもよりますが、最低限の身だしなみを怠らず、清潔さを感じさせる人は女子力高し!

4: いつでも爪が整っている

女子力の高い人で、爪先が整っていない人はいないでしょう。ジェルネイルをするなり、ご自身でネイルをしたり、ネイルがNGの職場ならば、できる範囲での爪のケアをしたりしています。
そうはいっても、仕事が忙しくなると、どうしても爪のお手入れまで行き届かなくなりがちですよね。ジェルネイルがぱっきりと折れていたり、ところどころはげていると、見ている側も残念。長く伸びた爪先は不潔だと思われてしまいます。もちろん、男性からもウケはよろしくありません。
どうしてもサロンに行けないときは、自分でジェルの爪先を削って整えるのも手段のひとつです。無理やりはがすなんてもってのほかですよ!

5: お弁当を作ってきている

すごくオシャレなお弁当を作っている人はもちろん女子力高しですが、「あまりものを適当に詰めてきたのよ」と、お弁当を広げる人も十分女子力が高いと筆者は思います。コンビニ食に頼らずに、体を思ってお弁当を用意する姿勢がステキですよね。

6: 借りたものをきちんと返す

本を借りたときに、きちんとかえすというのは当たり前のお話かもしれません。けれど、その当たり前をきちんとできる人って、なかなかいないというのも現実なのではないでしょうか?
そして、返すときにはちょっとした一筆箋とお菓子を添えてあったりすると「さすがだなあ」と感心します。そういうかわいらしい演出ができる人に筆者もなりたい!

7: 所作がていねい

女子力が高いと思う人は、ひとつひとつの行動がていねいです。話すとき・歩くとき・モノを渡すときなど、ていねいに体を使っているように思います。逆に、ドアをばたんといきおいにまかせて閉めたり、ペンを使ったら投げ置いたりする人って、女子力があるとはいえませんよね。

キーワードは清潔感・ていねいさ・そしてかわいらしさ

いかがでしたでしょうか? 女子力の高さというものは、決して手の届かない高い位置にあるものではありません。日常のちょっとしたことを意識してやっていれば、あなたらしい魅力は磨かれ、表に出てきます。毎日のひとつひとつを大事に過ごしていきたいものですね。