KEYTALK、『境界のRINNE』新OPテーマ「セツナユメミシ」がリリース決定

写真拡大

 KEYTALKの新曲「セツナユメミシ」が、12枚目のシングルとして8月30日にリリースされることが分かった。

 本作は、NHK Eテレで放送中のテレビアニメ『境界のRINNE』第3シリーズの新オープニングテーマとして、7月放送分より起用されることが発表されたばかり。

 2015年4月よりオンエアがスタートした『境界のRINNE』第1シリーズのオープニングテーマ「桜花爛漫」以来となる“境界のRINNE”と“KEYTALK”によるタッグが再び実現した。

 「セツナユメミシ」は作詞・作曲を首藤義勝が担当。サウンドプロデュースにNARASAKIが今回も参加し、原作の持つ摩訶不思議でポップな世界観と流麗なメロディラインが融合したロックチューン。本シングルは初回限定盤、通常盤の2形態となるが、商品内容の詳細は後日改めての発表となる。

 今回楽曲を手掛けた首藤は、「またこうして『境界のRINNE』のOPテーマを手がけることが出来て、RINNEのいちファンとしてとても嬉しく思います! “セツナ”そして“ユメ”という言葉にRINNEの世界への思いを詰め込みました。RINNEの持つ摩訶不思議でポップな世界観と、ライブで盛り上がるロックな部分をうまく融合できたと思います。アニメをきっかけに、僕たちKEYTALKのことも応援してもらえたら嬉しいです!」とコメントした。

 KEYTALKは、6月7日に11枚目のシングル『黄昏シンフォニー』を発売し、9月10日にはバンドキャリア初の横浜アリーナでのワンマン公演も控えている。


◎リリース情報
シングル『セツナユメミシ』
2017/8/30 Release
<初回限定盤(CD+DVD)> VIZL-1221/1,800円(tax out.)
<通常盤(CD)> VICL-37309/1,200円(tax out.)

◎イベント情報
KEYTALK 横浜アリーナ公演 
※正式イベントタイトルは未定
2017年9月10日(日)横浜アリーナ
OPEN 16:00 START 17:00
チケット:指定席5,400円
チケット一般発売日:7月15日(土)10:00〜