自己分析は1週間でできる?

写真拡大

就職活動において重要な行為が自己分析です。自己分析を繰り返すことにより、自分の長所と短所を把握するほか、志望動機などをきちっとさかのぼって分析することができます。

マッチングが重要

就職活動において、どの分野を志望するのか、そしてその分野が自分に本当に合ったものなのかどうか、そうしたマッチングを見極める必要があるのです。そのような自己分析は、長い時間をかければいいというものではありません。かといってさくっと終わらせれば良いものでもありません。自己分析を一週間でこなすよう指南した本が坪田まり子による「就活必修! 1週間でできる自己分析2019」(さくら舎)です。

ワークシートを使って行う

本書は、自己分析に関して7つのワークシートが用意されています。このシートに書かれた内容は、いわば自己分析の極意というべきものです。自己分析は、自己流にやらずに、こうしたある程度決まったフォーマットに乗っ取る必要があるといえるでしょう。そうでなければ、場合によっては見当違いな自己分析をしてしまっていることもあるからです。就職活動は何からやればいいのかわからないという人も多いでしょうが、迷っている人は、まずは既存のフォーマットを参考にしてみるところから始めると良いでしょう。