横浜FMのウーゴ・ヴィエイラ【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J1の横浜F・マリノスに所属するポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラの活躍を、母国紙が絶賛している。

 これまでベンフィカやスポルティング・ブラガなどポルトガルの名門クラブでプレーした経験もあるH・ヴィエイラは、今年1月にセルビアの強豪レッドスター・ベオグラードから横浜FMに加入。

 来日1年目ながらここまでJ1で5得点を挙げており、この活躍をポルトガル紙『ア・ボラ』も称賛している。

「(加入してから)3ヶ月も経っていないが、ポルトガル人のウーゴ・ヴィエイラはヨコハマで正真正銘のアイドルになった。この28歳は幸せな日々を送っており、スタジアムでは常にポルトガル人の名前が叫ばれている」

 H・ヴィエイラはデビュー戦となった浦和レッズとのJ1開幕戦で途中出場からゴールを決めて逆転勝利に貢献。第13節の清水エスパルス戦では2得点を決め、4日に行われた川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”でも先制点をマークしている。

text by 編集部