この表紙が目印。

写真拡大 (全2枚)

 日本代表が本田圭佑や岡崎慎司に依存していたのは過去の話。大迫勇也や久保裕也の飛躍、さらに乾貴士のエイバルでの活躍もあり、ハリルジャパンにおけるアタッカー陣のポジション争いは激しさを増してきている。この新たな戦国時代を制し、主役となるのは誰だ。

 今号は、そんな企画主旨で日本人アタッカーの争いを徹底分析。現代表のサバイバルの行方を占ううえでも、楽しめる特集になっています。
 
 インタビューはG大阪の長沢駿選手、鳥栖の鎌田大地監督。
 
 クラブダイジェストは浦和レッズ。サポーターには嬉しい特大ポスターも付録としてついています。
 
 その他、日本代表特集も掲載しています。