不動産査定サービスのHowMa、「LINE@中古物件チェッカー」をスタート 物件価格をAIが推定

写真拡大 (全2枚)

 コラビットが運営するHowMaは、不動産サイトの物件をLINEで送るだけでAIによる推定価格や物件の注意ポイントを即答する「LINE@中古物件チェッカー」の提供を開始した。

 コラビットは、同社が運営する住宅の資産価値をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」において、「LINE@中古物件チェッカー」の提供をスタートした。

 同サービスでは、指定の不動産ポータルサイトに掲載されている物件をLINEで送るだけで、AIが価格を推定。相場価格と比較したお得度、耐震性能や土地の所有権に関する注意ポイントを自動で即答してくれる。

 また、ユーザーの利便性を高めるため、今回のサービス提供開始とともに同社は、HowMaにLINEログイン機能の追加も実施した。

MarkeZine編集部[著]