グローバル・シャークネードに備えなくては… - 画像は主人公フィン役アイアン・ジーリングのTwitterのスクリーンショット

写真拡大

 今年2月に第5弾の制作が発表されていたB級テレビ映画シリーズの傑作「シャークネード」のタイトルとキャストを、米ケーブル局Syfyが正式に発表した。

 タイトルは「シャークネード 5:グローバル・スウォーミング(原題) / Sharknado 5: Global Swarming」で、8月6日(現地時間)にアメリカで放送される予定。口を開けたサメが雨のように降り注ぐ未曾有の天変地異「シャークネード」によってアメリカが荒廃し、その他の世界各国がもはや避けることのできない“グローバル・シャークネード”のために備えなくてはならないというストーリー。

 主人公フィン役のアイアン・ジーリング、その妻エイプリル役のタラ・リードなどおなじみのキャストが戻ってくるが、驚くのはカメオ出演の顔ぶれだ。前シーズンもすごかったが、今回はフラメンコギタリストのチャロが英国女王役で登場。ロン毛のモデル、ファビオがローマ法王を演じるほか、オリヴィア・ニュートン=ジョンと娘がオーストラリアをサメから救う天才的な科学者役で出演するそう。

 ほかにもプロスケートボーダー、トニー・ホーク、歌手のクレイ・エイケン、「私はラブ・リーガル」のマーガレット・チョー、かんに障る声で知られるギルバート・ゴットフリードやオリンピック選手も複数登場するようだ。(澤田理沙)