Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

Appleは6日、開発者向けイベント「WWDC 2017」の開催に合わせてApple製品のバージョンアップなどを行った。その中で、WWDCでは発表されなかったものの、テンキーが付いた「Magic Keyboard」が新たな製品ラインナップに加わっている。価格は1万3800円(税別)で、お届けは本稿執筆時で3日後、もしくは最寄りのApple Storeでの受け取りとなっている。

 

これまでAppleの純正キーボードである「Magic Keyboard」にはテンキー付きのフルサイズ版がなかったが、ようやく登場となった。より広くなったレイアウトにより、これまで窮屈だった矢印キーは独立しフルサイズになり、Page up/Page downキーも追加されている。基本的なフルサイズのキーボードの配列と同じデザインになったということだ。

 

これにより数字入力などの作業が多いユーザーや、フルサイズキーボードからの買い替えでも違和感なく使用開始できる。

 

対応機器は、macOS 10.12.4以降を搭載したBluetooth対応Macコンピュータ/iOS 10.3以降を搭載したiOSデバイス。本体サイズは、高さ0.41〜1.09×幅41.87×奥行き11.49 cm、重量は0.39 kg。接続はBluetooth/Lightningポート。

0.41〜1.09cmの薄さは魅力

Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

URL:http://apple.co/2rYlT9v

2017/06/06

 


▷こちらもおすすめ

あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】

 

アイ・オー、11ac対応で5GHz専用の小型無線LAN子機を発売

 

上海問屋、点描画を早く描けるUSB充電の電動ドットペンを発売