【ソウル聯合ニュース】大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会頭(斗山グループ会長)が、国際商業会議所(ICC、本部パリ)理事会のメンバーに再任された。

 朴氏は2014年6月に初めて選任されている。大韓商工会議所によると、6日にケニヤ・ナイロビで開かれたICC総会で、2020年6月までの再任が決まった。
 ICCは130カ国以上の商工会議所や経済団体、企業で構成される世界最大の民間ビジネス機構。国際取引慣習のルールづくりを推進し、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)などにも政策を提言する。専門機関として企業間の紛争を仲裁する国際仲裁裁判所も運営している。
mgk1202@yna.co.kr