宮野真守

写真拡大

1985年から放送されると社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ『冒険野郎マクガイバー』を25年ぶりにリメイクしたTVシリーズ『MACGYVER/マクガイバー』が、スーパー!ドラマTVにて6月14日(水)より独占日本初放送される。放送に先駆け、主役マクガイバー役の日本語吹替を担当した宮野真守のインタビューをはじめ、ストーリーやキャラクター紹介、スタッフ&キャストのコメントなど計5本の動画が公開された。

アメリカドラマの主演は今回が初となる宮野のインタビューでは、役と作品の魅力について語られている。マクガイバーの相棒ジャック・ダルトン役の吹替を担当する土田大とは、およそ15年前にもアニメで相棒を演じていたそうで、今回の再会を喜び合いながら、バッチリのチームワークで収録が進んでいる様子を語ってくれた。ほかにも、「(自分の演じるマックが)出ずっぱりで、出てないページがないんですよ」と、主人公が絶え間なく登場することについて、第1話の台本をめくりながらカメラに見せてくれる場面も。

オリジナル版である『冒険野郎マクガイバー』の映像を取り上げながら、本作の魅力、ストーリーを紹介する動画では、1話のネタバレぎりぎりのシーンを公開。さらには、オリジナル版でおなじみのキャラクターが本作では性別を変えて登場するなど、オリジナルファンの期待を裏切らない作りとなっていることを予告した。

キャストたちがそれぞれの役柄について詳しく教えてくれる、キャラクター紹介とスタッフ&キャスト・インタビューも必見。マクガイバーが飛行機に飛びつく危険なアクションシーンの後、「上手くいったかどうかは、見てのお楽しみだよ」と、ニヤリと笑うルーカス・ティル(『X-MEN』『イノセント・ガーデン』)に"新マクガイバー"の自信がうかがえる。ほかにも、ジャック役のジョージ・イーズ(『CSI:科学捜査班』)や、二人と行動を共にする天才ハッカー、テイラー役のトリスティン・メイズ(『SUPERGIRL/スーパーガール』)も登場。ここでしか聞くことのできないエピソードが満載だ。これらの動画は、『MACGYVER/マクガイバー』公式サイト(http://www.superdramatv.com/line/macgyver/)に掲載されているのでお見逃しなく!

宮野が「正統派のヒーローであり、深いバックボーンがある」と語った『MACGYVER/マクガイバー』は、スーパー!ドラマTVにて6月14日(水)22:00より独占日本初放送。(海外ドラマNAVI)