Appleは現地時間6月5日、WWDC 17の基調講演において、ワークステーション級の性能を持つ「iMac Pro」を発表しました。

出荷開始は12月、価格は約55万円

新iMac Proは27インチのRetina 5Kディスプレイ、最大18コアのXeonプロセッサ、GPUはRadeon Pro Vegaを搭載し、グラフィックス性能は単精度で最大11TFLOPS、半精度で22TFLOPSを実現する、史上最高にパワフルなMacです。
 
ストレージは最大4TBのSSDで、ECCメモリは最大128GBです。Thunderbolt 3を4ポート装備し、RAIDアレイ2、5Kディスプレイ2台まで同時に接続可能です。またMacとしては初めて、10Gbitイーサネットに対応します。
 
カラーはスペースグレイで、出荷開始は12月を予定しています。価格は4,999ドル(約55万円)からとなっています。

Mac Proも現在開発中

またAppleは、今回発表した高性能iMac Proに加え、高性能かつモジュール式デザインのシステムを求めるユーザー向けに、デザインを刷新した次世代「Mac Pro」の開発に取り組んでいることを改めて述べています。
 
同社は今年4月に、Mac Proおよびプロ向けディスプレイを開発中であることを、少数のジャーナリストを集めた場で公表しています。
 
 
Source:Apple
(lunatic)