Amazonは2014年に独自のスマートフォン「Fire Phone」を発売しましたが売り上げは伸びず、2015年9月に販売を打ち切りました。あれから約2年、Amazonが今度は「Ice(Ice Phone)」というブランド名で新たなスマートフォンを計画していることが噂されています。

Amazon Aims to Put Fire Phone Nightmare Behind With 'Ice' Smartphones | NDTV Gadgets360.com

http://gadgets.ndtv.com/mobiles/news/amazon-ice-smartphones-android-india-1707858



ガジェット関連のニュースを扱っているNDTV Gadget360.comによると、北米やヨーロッパ市場を狙ったFire Phoneとは異なり、Iceはインドなどの新興市場に向けたものになる見込み。

Fire PhoneのOSはAndroidをベースに独自のカスタマイズを施した「Fire OS 3.5」でしたが、IceはAndroid端末で、Google検索・YouTube・Gmail・Google Playストアなどが含まれるGoogle モバイル サービスがプリインストールされるとのこと。

テスト端末には5.2インチと5.5インチの2つのサイズがあって、OSはAndroid 7.1.1。SoCはSnapdragon 435で、13メガピクセルのリアカメラ、2GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、指紋スキャナーを搭載し、価格は6000ルピー(約1万円)。テスト端末を触った人によれば音声認識アシスタント「Amazon Alexa」は搭載していなかったとのことですが、発売時には対応するものとみられています。

発売時期は「少なくとも1種類は2017年内に発売される見込み」とのことです。