ジュリア・ロバーツ

写真拡大

アカデミー賞俳優もTVドラマに出演することが珍しくなくなった昨今だが、ニコール・キッドマン(『ビッグ・リトル・ライズ』)に続き、大物女優ジュリア・ロバーツ(『プリティ・ウーマン』)が初めて出演したTVドラマは、競売にかけられたあと、米HBOで放送されることが決定した。米Varietyらが報じている。

彼女が出演するのは、マリア・センプルによるベストセラー小説「Today Will Be Different」を元にしたリミテッドシリーズ。これは、エレノア・フラッドという女性の1日を描いた作品で、気まぐれな旦那や仮病を使う息子の存在もあって人生がうまくいっていない彼女が、"今日こそは何かが変わるはず"と思ってそれまで手をつけていなかったことに挑戦していくというストーリーだ。TVシリーズは「面白くて、同時に心が満たされる物語」になるとのこと。ジュリアは主人公のエレノアを演じている。

原作者のセンプル自らが脚本を執筆、製作指揮官は『her/世界でひとつの彼女』や『アメリカン・ハッスル』のプロデューサーである、ミーガン・エリソンとスー・ナエグル(『アウトキャスト』)、そしてジュリアが務めている。

ジュリアは以前、米HBO製作による、マーク・ラファロ(『アベンジャーズ』シリーズ)、マット・ボマー(『ホワイト・カラー』)出演の映画『ノーマル・ハート』にも出演しており、また今回も、HBOに帰ってくることになったようだ。(海外ドラマNAVI)