ドコモ ケータイ払いの利用イメージ(NTTドコモの発表資料より)

写真拡大

 Amazon.co.jp(以下、Amazon)での買い物の支払い方法に5日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の「ドコモ ケータイ払い」とKDDIの「auかんたん決済」が加わった。これにより、決済手段の選択肢が増え、クレジットカードを持っていない、またはネットショッピングでクレジットカードを使いたくないユーザーが利用しやすくなる。

【こちらも】アマゾンジャパン、独禁法調査受け納入業者の最安値契約を廃止

 操作はAmazon側で行うため、ドコモやKDDIへの申込は必要ない。携帯決済サービスは、スマホアプリ版、およびWebブラウザのどちらからでも利用できるため、スマホだけでなくパソコンでも選択可能だ。

 商品をカートに入れて購入手続きを行うときに「お支払い方法の選択」から「新しいお支払い方法を追加」を選択し、携帯決済を追加するとドコモまたはKDDIでのキャリア決済を利用できる。代金は商品の発送時に決済され、携帯電話の請求と同時に引き落とされる。

 キャリア決済を利用する場合、Amazonギフト券やAmazonポイントは併用できず、全額をキャリア決済で支払う必要がある。ドコモのdポイントやauのWALLETポイントも併用できない。

 キャリア決済で利用できる金額はそれぞれのキャリア決済サービスの限度額の範囲内に限られる。利用限度額はユーザーの利用状況に応じて異なる。

 キャリア決済が利用できるのは、通常の商品購入のみ。1-clickでの購入や定期おトク便、Amazon FreshやPrime Nowの商品購入には利用できない。デジタルコンテンツ(Kindle本、プライム・ビデオ、Prime Musicなど)の購入、Amazonプライムの年会費やKindle Unlimitedの月額料金支払い、Amazonギフト券の購入、Amazon Payでの支払いにも利用できない。

 これまでAmazonではクレジットカード以外の決済手段としてAmazonギフト券や振込、代金引換などがあったが、いずれも事前に支払いが必要なうえ、商品の到着まで時間がかかることもあった。キャリア決済を利用することで、クレジットカードに劣らないスピードで手軽に決済することができるため、クレジットカードを持たない層の利用拡大を狙うことができる。

 ドコモとKDDIでは、6月30日までにキャリア決済を利用してAmazonで買い物をすると、抽選でポイントが付与されるキャンペーンを実施している。