黒くて速い!iMacに「Pro」モデルが登場

写真拡大 (全3枚)

 Appleは現地時間5日、年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」を開催。基調講演では同社デスクトップPC「iMac」のプロ向けモデル「iMac Pro」を発表した。

 Appleは同商品について"プロユーザーのために一から作られた"PCと説明。これまでのどんなMacに搭載されたものよりもパワフルなグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだとの言葉どおり、スペックは秀逸の一言。ディスプレイには27インチの5Kディスプレイが採用されたほか、プロセッサーには8コア〜18コアまで選択可能なXeonを搭載。加えてGPUにはRadeon Vega graphicsを採用。気になる性能は11TFLOPS(単精度)/22TFLOPS(半精度)となっている。

 10Gbit EthernetやIEEE 802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 4.2もしっかり採用。Thunderbolt 3が4ポート搭載されていたり、SDカードスロットが搭載されていたりする点も魅力的だ。見た目もブラックでかなりクール。

 iMac Proの発売は12月がアナウンスされており、価格は驚きの4,999ドル(約55万円)。購入する場合はそれなりの覚悟が必要となりそうだ。