Appleは現地時間6月5日に開催した開発者会議(WWDC 17)で、多くの新機能を盛り込んだメジャーアップデート「iOS11」を発表しました。なかでもiPad向けの強化が多く、マルチタスク機能やドラッグ&ドロップ機能のほか、新ファイルアプリ「Files」の追加などが予定されています。

iOS11でiPadはもっと快適に!

新しいドック

iOS11を搭載したiPadでは、スクリーン上で頻繁に利用するアプリやドキュメントにすばやくアクセスできるようカスタマイズ可能なドックが追加されます。
 

 

 
好きなアプリを自由に配置できるだけでなく、最近開いたアプリや、iPhoneやMac上で使っていたアプリなども提案し、右側に配置してくれます。
 

 

マルチタスク

また再設計されたアプリスイッチャーで、マルチタスク機能が強化されます。2つめのアプリをドックから直接起動でき、Slide OverとSplit Viewでアクティブな状態が保たれます。Slide Overのアプリは左側にもドラッグできます。
 

 

ドラッグ&ドロップ

そして有志のコンセプトデザインでも提案されており、iOS10のベータ版からその存在が噂されていた「ドラッグ&ドロップ」機能が実現します。2分割された別々のアプリ間で、テキストや画像などをドラッグ&ドロップして移動できます。
 

 

QuickTypeキーボード

ソフトウェアキーボードの文字入力QuickTypeも改善されます。記号や数字、句読点などをフリックでスムーズに入力できます。
 

 

 

ファイル管理アプリ「Files」

iOS11で新たに追加される純正アプリ「Files」は、ファイル管理アプリです。あらゆるアプリやストレージサービスをまたぎ、ファイルをチェックしたり、検索したり、整理することが可能になります。
 

 
サムネイル表示とリスト表示を切り替えできるほか、ファイルをお気に入り登録したり、タグをつけることもできます。
 

 
端末内のローカルファイルだけでなく、iCloudドライブ上、さらにはDropbox、Googleドライブといった他社サービスにも対応し、これらで保存したファイルにもアクセスできます。
 

 

Apple Pencilとの連携強化

iOS11では、Apple Pencilとの連携がより快適になる新機能がいくつか追加されます。
 

 
PDFやスクリーンショットによりすばやく注釈を加えられる「インスタントマークアップ」は、Apple Pencilを手に取り、Apple Pencilでスクリーンにタッチ、そして書き始める、これだけの操作で入力できる機能です。
 

 
「インスタントメモ」はApple Pencilでロック画面をタップすると、すぐにメモを取り始められる機能で、メモしたものは純正メモアプリに保存されます。
 

 
テキストとともにApple Pencilで手書き入力する際に活用できるのが「インラインスケッチ」機能です。メモアプリでApple Pencilを使ってなにかを書き始めると、その周りにあるテキストが自動的に脇に避けられます
 

 
メモアプリではさまざまな改善が盛り込まれています。手書き文字が検索できるようになるほか、ドキュメントスキャナ機能が追加され、カメラで撮影するだけで写真をすぐに取り込めます。そのままApple Pencilを使って署名などを書き込むことが可能です。
 
WWDC 17のデモンストレーションでは、ドキュメントスキャナ機能を使ったスキャンと、そのままApple Pencilで書き込む操作が実演されました。スキャン時間はわずか数秒で、光の映り込みや傾きなどを瞬時に補正します。
 

 

 

 

iOS11は今年秋にリリース予定

これらのiPad向け機能改善は、2017年秋にリリース予定のiOS11にアップデートすると利用できるようになります。開発者向けには本日よりリリースされました。
 
iOS11の対応デバイスは以下の通りです。
 

iPhoneiPhone7
iPhone7 Plus
iPhone6s
iPhone6s Plus
iPhone6
iPhone6 Plus
iPhone SE
iPhone5siPad12.9インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第1世代)
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad Air 2
iPad Air
iPad(第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2iPodiPod touch(第6世代)

 
 
Source:Apple
(asm)