安倍晋三首相は5日、中国主導の経済圏構想「一帯一路」に条件が整えば協力すると表明した。写真は5月に開催された「一帯一路」国際会議の会場。

写真拡大

2017年6月6日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語ニュースサイトによると、安倍晋三首相は5日、中国主導の経済圏構想「一帯一路」に条件が整えば協力すると表明した。首相が同構想への「協力」を表明するのは初めて。

安倍首相は、東京都内で行われた国際会議で講演し、「一帯一路」構想について「潜在的な可能性を持っている」と評価した一方で、協力の条件として「国際社会の共通の考え方を十分に取り入れること」を挙げた。

日中両政府は、7月にドイツで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日中首脳会談実現に期待を寄せている。首相の今回の表明は中国との関係改善に向けメッセージを送ったものと受け止められている。(翻訳・編集/柳川)